初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

土寄せ・中耕

土寄せと追肥の注意点|根を傷めないように

投稿日:

土寄せは、さまざまな効果のある大切な作業だと言えますが、
根を切らないように土を寄せることは、慎重に行わなければなりません。

通路の土や、畝の表面の土を軽く耕す時に、根っこを切ってしまうと、
野菜の生長に大きく関わりますので、充分に注意して行なってください。

特に、生育後期の根は重要です。
トウモロコシなどは、根が切れてしまった時に新しい根が出にくいため、
より、慎重に土寄せすることが必要となります。

また、根菜類のダイコンやニンジンは、根の部分がダメージを受けると、
又根になってしまったり、病害虫の被害に遭いやすくもなってしまいます。
品質の良いものを収穫するためにも、根っこを切らさないようにしましょう。

スポンサーリンク

比較的、キャベツなどの野菜は根っこが切れても再生することが多いですが、
それでも根へのダメージは相当なものです。

■土寄せと追肥

土寄せ、追肥は一般的に同時に行う作業ではありますが、
必ずしも、一緒に行わなければいけない作業と言うわけではありません。
また、この場合も根っこを痛めないように注意が必要です。

根っこの先端には、生長するポイントがあります。
この先に肥料を施してあげることで、肥料を求めて根が伸びていくので、
株の生長とともに、徐々に遠くに追肥するようにします。

根の張り具合は、茎葉の広がりと同じ程度となりますので、
外から見た幅を参考にして、葉の少し先あたりに追肥をするようにすると、
上手に追肥することができます。

スポンサーリンク

-土寄せ・中耕
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

土寄せにつかう道具|中耕の効果を最大限にする

土寄せの効果を最大限得ることができるのは、肥料を与えた後です。土寄せを行うと、地中にしっかりと肥料を浸透させることができるので、野菜の根から、しっかりと肥料を吸収します。 一般的には、マルチングや、種 …

野菜つくり

家庭菜園での土寄せの効果|いろいろなやり方で用途が異なる

「土寄せ」とは、生長に合わせて株に土を寄せて集めることです。 土寄せは、さまざまな野菜を育てる過程で行われる作業の1つですが、 その用途は、それぞれ違います。 スポンサーリンク

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの追肥・土寄せ|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの草丈が40㎝から50㎝になったら、 マルチフィルムをはずします。 スポンサーリンク とうもろこしの根もとに雨が当たることで 土がしまり、とうもろこしの株が安定します。 スポンサーリンク

no image

家庭菜園の中耕と夏の雑草対策|野菜の生育に対しての効果は絶大

夏の雑草対策は草が伸びてからでは作業も大変になってしまいます草が大きくなってからではタイミングが遅いのです  草取りの道具は鋤簾を使います鋤簾で土の表面をひっかくようにしてけずり草かきをします雑草は根 …

no image

家庭菜園の土寄せのもう一つの目的|雑草が生えない、大きくならない

土寄せは、株元に土を寄せ上げる作業です。また、寄せ上げることは同時に、通路や畝の表面、株間の土を、柔らかくすることにも繋がります。 軽く土寄せを行うと、小さな雑草を土の中に埋めてしまえるので、雑草防止 …

カテゴリー

最近のコメント