土寄せにつかう道具|中耕の効果を最大限にする

土寄せの効果を最大限得ることができるのは、肥料を与えた後です。
土寄せを行うと、地中にしっかりと肥料を浸透させることができるので、
野菜の根から、しっかりと肥料を吸収します。

一般的には、マルチングや、種まき、定植と同時に行いますが、
上記のケースの場合は、生育中に行うことになります。

また、マルチングをすると、泥の跳ね返りを抑えることができるので、
株元に土寄せをしない方が、マルチングの効果を得ることができます。

病気や害虫が発生した場合も、土寄せの効果はあまりありません。
かえって、病害虫の被害を増やすことにも繋がってしまいますので、
こういった場合は、土寄せを行わないのが無難です。

■土寄せの作業に使う道具

スポンサーリンク

ニンジンは、数回の間引きと追肥を繰り返し行いながら、普段食べている、
根の部分を育てていく野菜です。

はじめのうちは、株と株との間が狭いので、土寄せは手で行いますが、
間引き後は、小さな熊手や、移植ごてなどを利用すると良いでしょう。

また、数回の間引きを経てそれ以上の株間になった場合は、
クワなどを使って、土寄せを行うと、とても便利です。

このように、土寄せは、それぞれの野菜の育てている環境に応じて、
行う場合と、行わない場合とがあります。
また、土寄せを行う場合も、間引きの状況などにより、方法が異なりますので、
使用する道具についても、覚えておくと良いかと思います。

土寄せは、タイミング良く行えば、非常に効果的な作業の1つです。
上手に家庭菜園の作業に取り入れていってみてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
土寄せ・中耕 家庭菜園の道具
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました