初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

土寄せ・中耕 家庭菜園の道具

土寄せにつかう道具|中耕の効果を最大限にする

投稿日:

土寄せの効果を最大限得ることができるのは、肥料を与えた後です。
土寄せを行うと、地中にしっかりと肥料を浸透させることができるので、
野菜の根から、しっかりと肥料を吸収します。

一般的には、マルチングや、種まき、定植と同時に行いますが、
上記のケースの場合は、生育中に行うことになります。

また、マルチングをすると、泥の跳ね返りを抑えることができるので、
株元に土寄せをしない方が、マルチングの効果を得ることができます。

病気や害虫が発生した場合も、土寄せの効果はあまりありません。
かえって、病害虫の被害を増やすことにも繋がってしまいますので、
こういった場合は、土寄せを行わないのが無難です。

■土寄せの作業に使う道具

スポンサーリンク

ニンジンは、数回の間引きと追肥を繰り返し行いながら、普段食べている、
根の部分を育てていく野菜です。

はじめのうちは、株と株との間が狭いので、土寄せは手で行いますが、
間引き後は、小さな熊手や、移植ごてなどを利用すると良いでしょう。

また、数回の間引きを経てそれ以上の株間になった場合は、
クワなどを使って、土寄せを行うと、とても便利です。

このように、土寄せは、それぞれの野菜の育てている環境に応じて、
行う場合と、行わない場合とがあります。
また、土寄せを行う場合も、間引きの状況などにより、方法が異なりますので、
使用する道具についても、覚えておくと良いかと思います。

土寄せは、タイミング良く行えば、非常に効果的な作業の1つです。
上手に家庭菜園の作業に取り入れていってみてください。

スポンサーリンク

-土寄せ・中耕, 家庭菜園の道具
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

大根の間引き・土寄せ|おいしいダイコンの育て方

ダイコンの葉が5?6センチに伸びたら1回目の間引きをしますまず1本を間引きして残った大根に土を寄せて安定させます 間引くダイコンの選び方は 虫食いのあるもの葉に変色のあるものひょろっと伸びているもの葉 …

no image

べたがけの使い方|暑さ対策、防寒対策の必須アイテム

夏は、あまり新鮮な野菜がスーパーなどで手に入りにくくなりますので、こういった時に新鮮な野菜を食べることが出来る家庭菜園は、非常にメリットが高いと言えます。 しかし、強い日差し・高温・害虫なども活発にな …

no image

畝立てに便利な道具|野菜の種類によって畝の高さを変える

畝立ては、土をある高さまで盛り上げ、それをならす作業のことです。野菜の種類によって、目安となる高さは異なりますので、それぞれの、野菜に合わせた畝立てが必要です。 畝立ての作業には、まず土を掘り起こすこ …

no image

家庭菜園でのマルチングの効果|野菜の病害虫の予防にもなる

春?秋にかけては、病害虫の盛んな時期となりますので、充分に気をつけなくてはいけない時期です。 病原菌は、雨による泥の跳ね返りや、風に乗ってやって来るので、マルチングとすることで、大部分を予防することが …

no image

マルチ資材の種類|それぞれ特性があるので目的に応じて、使用するようにしましょう

今は、ポリフィルムを使ったマルチ(マルチング)が一般的ですが、昔は、敷きワラや敷き草といい、稲わらや麦わら、ススキなどのイネ科の野草を、マルチングとして利用していました。 農家のご家庭では今もこの方法 …