家庭菜園でのマルチングの効果|野菜の病害虫の予防にもなる

春?秋にかけては、病害虫の盛んな時期となりますので、
充分に気をつけなくてはいけない時期です。

病原菌は、雨による泥の跳ね返りや、風に乗ってやって来るので、
マルチングとすることで、大部分を予防することが出来ます。

害虫に対しても、マルチングは有効です。
シルバーのキラキラした資材は、アブラムシなどの予防効果があります。
また、害虫対策としては寒冷紗を覆うのも1つの方法です。

夏になると、地温が高温になりやすく、野菜にとって悪い環境となりやすいです。
シルバーのフィルムを使ったマルチングや、敷きワラを敷いておくと、
地温の温度の上昇を抑制することが出来ます。

スポンサーリンク

日除けには、よしずなどのアイテムを使う方法もありますが、
寒冷紗などでトンネル状にするのが、1番良いと言えます。
ポット苗を植えつけた後などにも、有効です。

また、資材の中には土の乾燥を防ぐ効果があるものもあります。
種まき後のベタ掛け資材の利用や、マルチング、トンネル栽培は、
土を乾燥させずに済むので、水やりの手間を軽くすることが出来ます。

そして同時に、発芽率を高め、収穫を早くすることが出来るので、
是非、活用してみてください。

家庭菜園の管理で1番大変とも言われるのが、除草作業ですが、
黒いポリフィルムを使ったマルチングをすれば、雑草も生えにくくなります。

冬場には、トンネル栽培を活用し、保温性を高めるなど、
季節に応じて、さまざまな資材の活用をしてみてください。
こうすることで、野菜の管理が楽になります。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
マルチング 家庭菜園の道具
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました