初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の道具

家庭菜園で使う資材や道具|上手に利用してもっと楽しく便利に

投稿日:

野菜作りには、資材が必須です。
資材を上手く使いこなせば、さまざまなメリットを得ることが出来、
家庭菜園作りがもっと楽しく、簡単になります。

■支柱を使うメリットとは?

主に果菜類の栽培に使う、支柱は、収穫量を上げること、
病害虫の発生を抑えること、収穫を簡単にすること、この3つのメリットがあります。

■トンネル栽培のメリット

トンネル栽培は、多くの野菜作りに用いられる方法です。
トンネル用の支柱や、針金を使って骨組みをして、その上から、
寒冷紗や、フィルムを掛ける方法です。

保温効果や、遮光、土壌を乾燥させないこと、病害虫の発生を抑える
といった効果を得ることが出来ます。

■ベタ掛け資材、雨除けのメリット

スポンサーリンク

野菜に覆うようにして使う、ベタ掛け資材や、支柱にシートを張り、
雨を防ぐ資材は、病気の予防目的や、鳥害を防ぐ、乾燥防止
などの効果を得ることが出来ます。

■マルチングのメリット

マルチングも、多くの野菜に使われる方法です。
土の表面や、株周辺をフィルムなどで覆って育てる方法となります。

マルチングをすることで、地温を高める効果、適温を保つ効果、
土壌の乾燥防止、病害虫の防除などが出来ます。

また、マルチングに使うポリフィルムの色によっても、
効果が異なりますので、工夫して使うようにしてみてください。

これらの資材を使うことは、間違いなく作業量を少なくすることが出来、
快適な野菜作りを楽しむことが出来るようになります。
それぞれの資材の特性を頭に入れ、適切な資材を取り入れてみてください。

スポンサーリンク

-家庭菜園の道具
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

土寄せにつかう道具|中耕の効果を最大限にする

土寄せの効果を最大限得ることができるのは、肥料を与えた後です。土寄せを行うと、地中にしっかりと肥料を浸透させることができるので、野菜の根から、しっかりと肥料を吸収します。 一般的には、マルチングや、種 …

no image

畝立てに便利な道具|野菜の種類によって畝の高さを変える

畝立ては、土をある高さまで盛り上げ、それをならす作業のことです。野菜の種類によって、目安となる高さは異なりますので、それぞれの、野菜に合わせた畝立てが必要です。 畝立ての作業には、まず土を掘り起こすこ …

no image

家庭菜園でのトンネル栽培|保温、鳥害対策、防虫対策にもなる

冬場は、なかなか育てることの出来る野菜の種類は減りますが、決して、野菜を育てることが出来ない環境というわけではありません。 資材を用いたトンネル栽培をすれば、ほうれん草や、小松菜、ニンジン、ダイコンな …

no image

家庭菜園での野菜作りに必要な資材

キュウリ、エンドウマメなど、つる性でつるが絡みつくような野菜には、園芸ネットを使った栽培管理が有効です。 ちなみに、草丈の大きくならないものや、つる性ではない野菜、もともとはつる性の野菜ではあるものの …

no image

家庭菜園で肥料の計量に便利な道具

油粕は、粉末状・粒状になっているので、軽量カップを用います。固形状になっている時にも、目盛りの付いたものが便利かと思いますので、100円均一などで、家庭菜園用として購入しておきましょう。 また、液体用 …