家庭菜園で使う資材や道具|上手に利用してもっと楽しく便利に

野菜作りには、資材が必須です。
資材を上手く使いこなせば、さまざまなメリットを得ることが出来、
家庭菜園作りがもっと楽しく、簡単になります。

■支柱を使うメリットとは?

主に果菜類の栽培に使う、支柱は、収穫量を上げること、
病害虫の発生を抑えること、収穫を簡単にすること、この3つのメリットがあります。

■トンネル栽培のメリット

トンネル栽培は、多くの野菜作りに用いられる方法です。
トンネル用の支柱や、針金を使って骨組みをして、その上から、
寒冷紗や、フィルムを掛ける方法です。

保温効果や、遮光、土壌を乾燥させないこと、病害虫の発生を抑える
といった効果を得ることが出来ます。

スポンサーリンク

■ベタ掛け資材、雨除けのメリット

野菜に覆うようにして使う、ベタ掛け資材や、支柱にシートを張り、
雨を防ぐ資材は、病気の予防目的や、鳥害を防ぐ、乾燥防止
などの効果を得ることが出来ます。

■マルチングのメリット

マルチングも、多くの野菜に使われる方法です。
土の表面や、株周辺をフィルムなどで覆って育てる方法となります。

マルチングをすることで、地温を高める効果、適温を保つ効果、
土壌の乾燥防止、病害虫の防除などが出来ます。

また、マルチングに使うポリフィルムの色によっても、
効果が異なりますので、工夫して使うようにしてみてください。

これらの資材を使うことは、間違いなく作業量を少なくすることが出来、
快適な野菜作りを楽しむことが出来るようになります。
それぞれの資材の特性を頭に入れ、適切な資材を取り入れてみてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園の道具
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました