初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

マルチング 家庭菜園の土作り 家庭菜園栽培の基本

地植えの家庭菜園で野菜を育てるコツ|土つくりが大切

投稿日:

地植えの家庭菜園は、1番オーソドックスな方法と言えます。
広いスペースを使うことが出来るので、ベランダやキッチン菜園などでは
狭くて育てることの出来ない野菜も育てることが出来ます。

土もたっぷりと使うことが出来るので、ベランダ菜園のような制約は
ありませんが、いくつか地植えの場合の注意点がありますので、
紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

まず、1つは雑草です。
広いスペースでの菜園となれば、雑草の生える面積も増えます。
マルチを使っておけば、作業も比較的簡単です。

小さなお子様でも出来る作業となりますので、手伝って貰うなどし、
生い茂る前に綺麗にしておくことが基本となります。

マルチというのは、土の表面を覆うことをさします。
ビニールや、ワラなどを使って土の表面を覆っておけば、雑草が、
生えてしまうのも防ぐことが出来ます。
マルチ 風対策
それ以外にもマルチは色々な場面で使われます。
雑草を防ぐのであれば、シルバーや黒のビニールがお勧めですが、
シルバーのものであれば、害虫の予防にも効果的です。

スポンサーリンク

透明のビニールは、春先の発芽の促進にも使われるなど、
土壌の温度を上げる役割があります。

全ての野菜に言えるわけではありませんが、ほとんどの野菜が、
水はけの悪い土を嫌います。根っこの生長の妨げとなるほか、
根腐れ、病気の原因ともなります。

そのため、土には十分気を配ってください。
基本的には、水はけが良く水持ちの良い土が良い土です。

団粒構造と呼ばれている良い土は、空気と水分が適度にあるので、
微生物が生活しやすいので、肥料をしっかりと蓄える力があります。

⇒団粒構造について

家庭菜園を行う場合や、新たに作物の植え付けを行う場合は、
しっかりと土壌改良を行い、良い土とすることを心がけてください。
そうすることで、健康的な美味しい野菜をつくることが出来ます。

⇒家庭菜園の土作り手順

スポンサーリンク

-マルチング, 家庭菜園の土作り, 家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

野菜の種類別の好適pH

野菜の種類別の好適pH ナス 6.0-6.5 ホウレンソウ 6.0-7.5 トマト 6.0-7.0 タマネギ 5.5-7.0 キュウリ 5.5-7.0 アスパラガス 6.0-7.5 スイカ 5.5-6 …

no image

家庭菜園の上手な管理の仕方|株間と光合成に必要な葉数を確保する

春から夏にかけて、野菜の生長は著しく伸びます。1日違うだけでも、凄く生長を感じる時期となりますので、野菜に応じて適切な管理をしてあげることが、元気な野菜の収穫とつながります。 ナスやピーマンなどは、1 …

no image

家庭菜園の野菜を間引きして大きく育てる

家庭菜園で種まきから育てた野菜は生育段階で何回か間引きしながら育てます はじめのうちはどの株を間引きしたらいいのかわかりにくいかもしれませんが難しく考えるころはありません スポンサーリンク 野菜をよく …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

no image

家庭菜園の種まき|種子の発芽特性を理解する

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

カテゴリー

最近のコメント