初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

家庭菜園で使う肥料の種類

投稿日:

家庭菜園で使う肥料にはどんなものがあるのでしょうか?

肥料には有機質と無機質に大別され、
ほとんどは粒状か粉状となっています。

有機質肥料

動物や植物を原料としたもので、動物のふんや雑草もこれに含まれます。特徴としては肥効が緩効性及び遅効性であることと、有機質であるため土壌を膨軟にしたり、地力増進の効果もある点です。

主なものとしては、
・動物質:窒素とりん酸が主成分で、魚カス、骨粉など
・植物質:窒素が主成分で、油カス類
・自給有機質:堆肥、きゅう肥、緑肥、鶏ふん、豚ぷん、草木灰など

自給有機質肥料は生産者が原料を自給し、自らがつくる肥料です。

無機質肥料

スポンサーリンク

一般に化学肥料、化成肥料と呼ばれ、
天然の鉱物などから人工的に作られたものをいいます。

人工的なものなので、肥料の成分や肥効、
形状を作物の生育や散布方法などに応じて作ることができます。

なお、成分量に応じて高度と低度に分類されます。
三要素(窒素、りん酸、加里)の合計含有量が
30%以上を高度、30%未満を低度といいます。

高度化成肥料は、一般に原料として尿素やりん安を用いるものが多いです。

その他

・配合肥料:単肥を混ぜ合わせたものを指すが、
多くは有機質と無機質の肥料を配合したものです。
・液体肥料:液体複合肥料の総称で、一般に液肥と呼びます。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜に必要なカルシウム(Ca)|三要素の次に吸収量の多い成分

カルシウム(Ca)はほとんどの生物にとって必要不可欠な重要な役割を担っていますカルシウムは骨、歯のような硬い構造を作る主要な成分となています 人間の体重の約2%はカルシウムですカルシウムの99%は骨と …

野菜つくり

白菜の追肥・土寄せ|おいしいハクサイの育て方

白菜の追肥は最後の間引きが終わった後に1回目の追肥 結球が始まる前に2回目の追肥をします 1回目の白菜の追肥 最後の間引きが終わったら、株間または条間に 化成肥料を施し、土で覆います また除草を兼ねて …

no image

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。 肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、土がいつまでも肥料を蓄えて …

no image

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。 しかし、エン …

no image

野菜に必要な栄養素|17種類の必須元素がある

野菜の中に含まれる元素は、50?60種類あると言われていますが、その全ての元素が必要なわけではありません。 ■野菜に必要な必須元素 ・H(水)・C(炭素)・O(酸素)・N(窒素)・P(リン)・K(カリ …

カテゴリー

最近のコメント