家庭菜園で使う肥料の種類

野菜つくり 肥料・堆肥

家庭菜園で使う肥料にはどんなものがあるのでしょうか?

肥料には有機質と無機質に大別され、
ほとんどは粒状か粉状となっています。

有機質肥料

動物や植物を原料としたもので、動物のふんや雑草もこれに含まれます。特徴としては肥効が緩効性及び遅効性であることと、有機質であるため土壌を膨軟にしたり、地力増進の効果もある点です。

主なものとしては、
・動物質:窒素とりん酸が主成分で、魚カス、骨粉など
・植物質:窒素が主成分で、油カス類
・自給有機質:堆肥、きゅう肥、緑肥、鶏ふん、豚ぷん、草木灰など

自給有機質肥料は生産者が原料を自給し、自らがつくる肥料です。

スポンサーリンク

無機質肥料

一般に化学肥料、化成肥料と呼ばれ、
天然の鉱物などから人工的に作られたものをいいます。

人工的なものなので、肥料の成分や肥効、
形状を作物の生育や散布方法などに応じて作ることができます。

なお、成分量に応じて高度と低度に分類されます。
三要素(窒素、りん酸、加里)の合計含有量が
30%以上を高度、30%未満を低度といいます。

高度化成肥料は、一般に原料として尿素やりん安を用いるものが多いです。

その他

・配合肥料:単肥を混ぜ合わせたものを指すが、
多くは有機質と無機質の肥料を配合したものです。
・液体肥料:液体複合肥料の総称で、一般に液肥と呼びます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
肥料・堆肥
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました