初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

家庭菜園で使う肥料の種類

投稿日:

家庭菜園で使う肥料にはどんなものがあるのでしょうか?

肥料には有機質と無機質に大別され、
ほとんどは粒状か粉状となっています。

有機質肥料

動物や植物を原料としたもので、動物のふんや雑草もこれに含まれます。特徴としては肥効が緩効性及び遅効性であることと、有機質であるため土壌を膨軟にしたり、地力増進の効果もある点です。

主なものとしては、
・動物質:窒素とりん酸が主成分で、魚カス、骨粉など
・植物質:窒素が主成分で、油カス類
・自給有機質:堆肥、きゅう肥、緑肥、鶏ふん、豚ぷん、草木灰など

自給有機質肥料は生産者が原料を自給し、自らがつくる肥料です。

無機質肥料

スポンサーリンク

一般に化学肥料、化成肥料と呼ばれ、
天然の鉱物などから人工的に作られたものをいいます。

人工的なものなので、肥料の成分や肥効、
形状を作物の生育や散布方法などに応じて作ることができます。

なお、成分量に応じて高度と低度に分類されます。
三要素(窒素、りん酸、加里)の合計含有量が
30%以上を高度、30%未満を低度といいます。

高度化成肥料は、一般に原料として尿素やりん安を用いるものが多いです。

その他

・配合肥料:単肥を混ぜ合わせたものを指すが、
多くは有機質と無機質の肥料を配合したものです。
・液体肥料:液体複合肥料の総称で、一般に液肥と呼びます。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

化成肥料と有機質肥料の特徴と役割の違い|家庭菜園の肥料の知識

有機肥料は動植物のたんぱく質などの有機物を主体としていますがこのような有機物は直接植物が吸収することはできません 土壌中でまず微生物によって分解され、無機化されて、有機態窒素はアンモニウム態、または硝 …

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

野菜つくり

実のなる野菜への元肥のやり方|根の張り方を考えて肥料を与える

桜の見頃になった頃は、家庭菜園が忙しくなる時期でもあります。 この時期は、トマト・キュウリ・ナスなど、食卓にも並べやすい 果菜類の元肥を入れるのにちょうど良い時期となります。 スポンサーリンク しっか …

no image

プランター栽培の肥料のやり方|肥料焼けには注意

プランター栽培は、通常の畑を用いた家庭菜園とは育て方が異なります。それは、肥料についても例外ではありませんので、プランター栽培の肥料の与え方について、詳しく説明させて頂きたいと思います。 プランター栽 …

肥料 三大要素 窒素

肥料の三大要素|窒素N・リン酸P・カリK

肥料の三大要素とは窒素(N)リン酸(P)カリ(K)のことです。植物が育つためにはいろいろな栄養素がありますがとくにこの三大要素が重要となります。簡単に言うと窒素は体つくりの基本材料、リン酸は植物の活力の素、カリは植物体内の調整役になります。植物ごとの特性に合わせて上手に肥料を与えていきましょう。