初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

投稿日:

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、
追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。

肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、
土がいつまでも肥料を蓄えておけるわけではありませんから、
元肥、追肥の両方を使って、分けて与えることが重要となります。

必須元素の中にリン酸がありますが、リン酸については土の中を動きやすく、
追肥には向かないため、元肥として全ての分量を与えることが必要となります。

元々、野菜作りのできる土地として肥えている土を使う場合や、
肥料成分の多い完熟堆肥を用いた時は、これらに含まれる肥料成分を考え、
肥料を与えて行きます。

また、緩効性肥料を施した場合は、その効果がじわじわと続くので、
分量に注意すること、速効性のある肥料と組み合わせるようにして使用します。

スポンサーリンク

逆に、野菜作りをはじめて行う土地など、やせた畑を利用する場合は、
肥料成分が充分に吸収できるよう、降雨なども考えた上で肥料を与えます。

厳密に計算するのは、なかなか難しいことだと言えますが、
それぞれの野菜に必要な肥料分を確認し、大まかに与える肥料分を考えておきます。

例えば、トマトやナスであれば、窒素25グラム、リン酸30グラム、
カリ25グラムほどが理想です。(1平方メートル当たり)

あまり肥料を好まないマメ科のエンドウマメや、エダマメの場合は、
窒素10グラム、リン酸15グラム、カリ10グラムほどが理想です。(1平方メートル当たり)

野菜によって大きく変わりますので、育てる前には、
必要量を確認するようにしてください。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

肥料の過剰症について|家庭菜園の肥料の知識

野菜が育つためには、元素が必要分、土に含まれている事が重要です。不足することで欠乏症を起こし、さまざまな障害が現れることもあります。 しかし、過剰に与えすぎても過剰症を引き起こし、欠乏症と同じく、さま …

no image

それぞれの肥料成分の野菜に対する役割|重要なのは、必要元素が全て不足しないようにすること

肥料は、大部分を根より吸収し、さまざまな物質の原料となり、野菜の生長に欠かせない、さまざまなはたらきをします。 ■窒素 窒素は、根・茎・葉の生長を促し、養分の吸収力を高め、同化作用を促進するはたらきが …

no image

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。 施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。 重要な …

植物の栄養素

植物の生育に必要なもの|家庭菜園の野菜肥料の知識

スポンサーリンク 植物の生育とはその植物の生命を維持するために細胞を増やし続けることです。 スポンサーリンク

野菜つくり

白菜の追肥・土寄せ|おいしいハクサイの育て方

白菜の追肥は最後の間引きが終わった後に1回目の追肥 結球が始まる前に2回目の追肥をします 1回目の白菜の追肥 最後の間引きが終わったら、株間または条間に 化成肥料を施し、土で覆います また除草を兼ねて …

カテゴリー

最近のコメント