初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

肥料の3大要素を覚えよう|家庭菜園の肥料の知識

投稿日:

野菜には、必要な元素というものがあります。
野菜の中には、約50種類以上もの元素があると言われていますが、
そのうち、必須となるのは17種類です。

この17種類の必須元素は、野菜が生命活動を行うのに欠かせないもので、
光合成によって、炭水化物を合成する役割のある炭素、水素、酸素の3つ以外は、
全て肥料より供給する必要があります。

何故かというと、17種類のうち、光合成で供給されない14種類は、
根っこより吸収されるため、土で補ってあげる必要があるためです。

特に、肥料の表記になっているNとPとK、つまり窒素・リン酸・カリウムは、
多く必要であり、不足しやすいため、3大要素と呼ばれています。

スポンサーリンク

この3つに次いで重要なのが、カルシウムとマグネシウムです。
窒素・リン・カリウム・カルシウム・マグネシウムをあわせて五要素とも言います。

他にも、硫黄と含めた多量要素、その他の微量要素という呼び方をし、
必要な肥料の要素を分けています。

もともと、土の中にある程度含まれているもの、堆肥より供給されるものがあるため、
微量要素となる成分を加えてあげる必要はありませんが、
欠乏症などが出た場合は、それらも肥料として与える必要があります。

家庭菜園では、窒素・リン・カリウムの肥料の割合について、
書かれている書物も多いですので、この三大要素は頭の中に入れながら、
土作りを行なっていくと良いかと思います。

微量要素となる、鉄、マンガン、ニッケルなどについては、
通常、覚えておかなくても問題ありません。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 ナス

ナスの追肥|家庭菜園でのナスの育て方

ナスはとてもたくさんの肥料を吸収します。 肥料が不足するとナスの実の数や大きさ、味に大きく影響します。 スポンサーリンク ナスの実が着き始めたら定期的に肥料を与え(追肥) ナスの葉がしっかり光合成でき …

野菜つくり

家庭菜園の土作りに適した植物性堆肥|家畜糞堆肥との違い

堆肥というと、家畜糞が含まれているイメージが強いですが、 落ち葉や藁、籾殻、バークと呼ばれる樹木の皮など、植物の繊維分だけを、 材料とする堆肥もあります。 スポンサーリンク それを植物質堆肥といいます …

no image

野菜が育つために必要な栄養素とは?|家庭菜園の肥料

家庭菜園で野菜が育つために必要な栄養素で重要なものは5種類あります。 その中でもとくに重要なのが 窒素 リン酸 カリウム の三大栄養素です。 ⇒肥料の三大栄養素について 窒素は葉肥えともいわれ、葉を茂 …

no image

ピーマンの土つくり・畑の準備|大きめの植え穴で深植えをしない

植えつけの2週間前に苦土石灰を1平方メートル当たり150gまいてよく耕します 植えつけ前に1平方メートル当たり堆肥3kgと化成肥料150gをまいてよく混ぜ込みます 幅1m、高さ10cm程度のうねを作り …

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …

カテゴリー

最近のコメント