初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

肥料の3大要素を覚えよう|家庭菜園の肥料の知識

投稿日:

野菜には、必要な元素というものがあります。
野菜の中には、約50種類以上もの元素があると言われていますが、
そのうち、必須となるのは17種類です。

この17種類の必須元素は、野菜が生命活動を行うのに欠かせないもので、
光合成によって、炭水化物を合成する役割のある炭素、水素、酸素の3つ以外は、
全て肥料より供給する必要があります。

何故かというと、17種類のうち、光合成で供給されない14種類は、
根っこより吸収されるため、土で補ってあげる必要があるためです。

特に、肥料の表記になっているNとPとK、つまり窒素・リン酸・カリウムは、
多く必要であり、不足しやすいため、3大要素と呼ばれています。

スポンサーリンク

この3つに次いで重要なのが、カルシウムとマグネシウムです。
窒素・リン・カリウム・カルシウム・マグネシウムをあわせて五要素とも言います。

他にも、硫黄と含めた多量要素、その他の微量要素という呼び方をし、
必要な肥料の要素を分けています。

もともと、土の中にある程度含まれているもの、堆肥より供給されるものがあるため、
微量要素となる成分を加えてあげる必要はありませんが、
欠乏症などが出た場合は、それらも肥料として与える必要があります。

家庭菜園では、窒素・リン・カリウムの肥料の割合について、
書かれている書物も多いですので、この三大要素は頭の中に入れながら、
土作りを行なっていくと良いかと思います。

微量要素となる、鉄、マンガン、ニッケルなどについては、
通常、覚えておかなくても問題ありません。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」 これは、間違いです。     確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、 摂取のしすぎは、かえって生育を阻害するこ …

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

no image

野菜に硫黄成分(S)は必須|自然界におけるスーパー栄養素

硫黄(S)は植物・動物の両方に存在するアミノ酸の3種の生成に必須です 硫黄を含むアミノ酸はメチオニン、システインです この3種類のアミノ酸はたんぱく質合成の構成成分になっていますたんぱく質がなければ植 …

no image

プランター栽培の肥料のやり方|肥料焼けには注意

プランター栽培は、通常の畑を用いた家庭菜園とは育て方が異なります。それは、肥料についても例外ではありませんので、プランター栽培の肥料の与え方について、詳しく説明させて頂きたいと思います。 プランター栽 …

no image

肥料の性質|家庭菜園で肥料を上手に使う

一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに必要な成分が含まれています。 肥料の3要素と呼べれている窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)には次のような特徴があります。 窒 素(N):野菜の茎や葉をつく …

カテゴリー

最近のコメント