初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

肥料の3大要素を覚えよう|家庭菜園の肥料の知識

投稿日:

野菜には、必要な元素というものがあります。
野菜の中には、約50種類以上もの元素があると言われていますが、
そのうち、必須となるのは17種類です。

この17種類の必須元素は、野菜が生命活動を行うのに欠かせないもので、
光合成によって、炭水化物を合成する役割のある炭素、水素、酸素の3つ以外は、
全て肥料より供給する必要があります。

何故かというと、17種類のうち、光合成で供給されない14種類は、
根っこより吸収されるため、土で補ってあげる必要があるためです。

特に、肥料の表記になっているNとPとK、つまり窒素・リン酸・カリウムは、
多く必要であり、不足しやすいため、3大要素と呼ばれています。

スポンサーリンク

この3つに次いで重要なのが、カルシウムとマグネシウムです。
窒素・リン・カリウム・カルシウム・マグネシウムをあわせて五要素とも言います。

他にも、硫黄と含めた多量要素、その他の微量要素という呼び方をし、
必要な肥料の要素を分けています。

もともと、土の中にある程度含まれているもの、堆肥より供給されるものがあるため、
微量要素となる成分を加えてあげる必要はありませんが、
欠乏症などが出た場合は、それらも肥料として与える必要があります。

家庭菜園では、窒素・リン・カリウムの肥料の割合について、
書かれている書物も多いですので、この三大要素は頭の中に入れながら、
土作りを行なっていくと良いかと思います。

微量要素となる、鉄、マンガン、ニッケルなどについては、
通常、覚えておかなくても問題ありません。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

白菜の追肥・土寄せ|おいしいハクサイの育て方

白菜の追肥は最後の間引きが終わった後に1回目の追肥 結球が始まる前に2回目の追肥をします 1回目の白菜の追肥 最後の間引きが終わったら、株間または条間に 化成肥料を施し、土で覆います また除草を兼ねて …

家庭菜園 ピーマン

ピーマンの追肥|収穫がはじまったら2週間に1度くらい

ピーマンの収穫がはじまったら2週間-3週間に一度 1平方メートルあたり30gの化成肥料を追肥としてあたえます。 追肥をしたら軽く土寄せして水やりもしてください。 ピーマンの根は比較的浅い所に張っていく …

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

no image

家庭菜園で使える堆肥の種類|家畜糞堆肥の特徴

家庭菜園の土作りの説明には、良く「堆肥」という言葉が使われると思いますが、 この堆肥というのは、具体的にどんな状態の肥料なのでしょうか? スポンサーリンク

no image

野菜にも人間にも必要なマグネシウム(苦土)|肥料で補う二次要素

植物、動物ともに、マグネシウム(Mg)は生命と繁殖のために必要です平均的な成人は約25gのマグネシウムをもっています 体の中のマグネシウムの役割の多くはまだ十分に解明されていませんが多くの酵素を適正に …