初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

肥料の3大要素を覚えよう|家庭菜園の肥料の知識

投稿日:

野菜には、必要な元素というものがあります。
野菜の中には、約50種類以上もの元素があると言われていますが、
そのうち、必須となるのは17種類です。

この17種類の必須元素は、野菜が生命活動を行うのに欠かせないもので、
光合成によって、炭水化物を合成する役割のある炭素、水素、酸素の3つ以外は、
全て肥料より供給する必要があります。

何故かというと、17種類のうち、光合成で供給されない14種類は、
根っこより吸収されるため、土で補ってあげる必要があるためです。

特に、肥料の表記になっているNとPとK、つまり窒素・リン酸・カリウムは、
多く必要であり、不足しやすいため、3大要素と呼ばれています。

スポンサーリンク

この3つに次いで重要なのが、カルシウムとマグネシウムです。
窒素・リン・カリウム・カルシウム・マグネシウムをあわせて五要素とも言います。

他にも、硫黄と含めた多量要素、その他の微量要素という呼び方をし、
必要な肥料の要素を分けています。

もともと、土の中にある程度含まれているもの、堆肥より供給されるものがあるため、
微量要素となる成分を加えてあげる必要はありませんが、
欠乏症などが出た場合は、それらも肥料として与える必要があります。

家庭菜園では、窒素・リン・カリウムの肥料の割合について、
書かれている書物も多いですので、この三大要素は頭の中に入れながら、
土作りを行なっていくと良いかと思います。

微量要素となる、鉄、マンガン、ニッケルなどについては、
通常、覚えておかなくても問題ありません。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜にも人間にも必要なマグネシウム(苦土)|肥料で補う二次要素

植物、動物ともに、マグネシウム(Mg)は生命と繁殖のために必要です平均的な成人は約25gのマグネシウムをもっています 体の中のマグネシウムの役割の多くはまだ十分に解明されていませんが多くの酵素を適正に …

no image

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。 施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。 重要な …

no image

肥料の性質|家庭菜園で肥料を上手に使う

一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに必要な成分が含まれています。 肥料の3要素と呼べれている窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)には次のような特徴があります。 窒 素(N):野菜の茎や葉をつく …

no image

ポイント5 肥料のやりすぎに注意する|家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園の野菜は肥料(窒素N)が多いと病害虫の被害を受けるリスクが高まります 肥料は適正に与えれば大丈夫ですが、野菜作りをはじめたばかりで、肥料の与える量が分からない場合は肥料は控えめにと考えていたほ …

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの追肥・土寄せ|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの草丈が40㎝から50㎝になったら、 マルチフィルムをはずします。 スポンサーリンク とうもろこしの根もとに雨が当たることで 土がしまり、とうもろこしの株が安定します。 スポンサーリンク