初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

野菜に必要な栄養素|17種類の必須元素がある

投稿日:

野菜の中に含まれる元素は、50?60種類あると言われていますが、
その全ての元素が必要なわけではありません。

■野菜に必要な必須元素

・H(水)
・C(炭素)
・O(酸素)
・N(窒素)
・P(リン)
・K(カリウム)
・Ca(カルシウム)
・Mg(マグネシウム)
・S(硫黄)
・B(ホウ酸)
・Cu(銅)
・Mn(マンガン)
・Zn(亜鉛)
・Fe(鉄)
・Mo(モリブデン)
・Cl(塩素)
・Ni(ニッケル)

以上の17種類の元素は、植物の生育に必ず必要とされる、
必須元素の種類です。

現状はこの17種類の元素となりますが、今度増える可能性もあります。
現段階でも、マメ科の植物にはコバルトが、イネ科にはケイ素が、
絶対に必要である事が分かっています。

スポンサーリンク

■必須元素の取り入れ方について

必須元素の内、水素・炭素・酸素は、葉より吸収します。
また、水として根っこから吸収も行います。

他の14種類の元素については、根っこより、土の中より吸収します。
植物が枯れた後は、その元素が土にかえるため、土の中より常に吸収できるようになっています。

自然界では、このようなサイクルで元素が使われており、
減少することはありません。

しかし、畑では違います。
育った野菜は収穫されて、畑ではないところへ行ってしまうため、
土の中の元素は減少してしまうのです。

こういった理由により、肥料を与えることが重要とされるのです。
家庭菜園では、必要な元素を肥料から取り入れることによって、
上手に野菜を育てることができるのです。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

肥料 三大要素 窒素

肥料の三大要素|窒素N・リン酸P・カリK

肥料の三大要素とは窒素(N)リン酸(P)カリ(K)のことです。植物が育つためにはいろいろな栄養素がありますがとくにこの三大要素が重要となります。簡単に言うと窒素は体つくりの基本材料、リン酸は植物の活力の素、カリは植物体内の調整役になります。植物ごとの特性に合わせて上手に肥料を与えていきましょう。

no image

野菜に必要な第2栄養素|二次要素は体を作り生育を助ける

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)がよく知られていますが三要素の次に必要な養分が二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)です このカルシウム、マグネシウム、硫黄 …

野菜つくり

家庭菜園での堆肥の効果|土壌の団粒構造を作りやすくする

土作りをする上で重要な堆肥の効果には、どんなものがあるのでしょうか? 下記にそのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。 スポンサーリンク

no image

プランター栽培の肥料のやり方|肥料焼けには注意

プランター栽培は、通常の畑を用いた家庭菜園とは育て方が異なります。それは、肥料についても例外ではありませんので、プランター栽培の肥料の与え方について、詳しく説明させて頂きたいと思います。 プランター栽 …

no image

化成肥料と有機質肥料の特徴と役割の違い|家庭菜園の肥料の知識

有機肥料は動植物のたんぱく質などの有機物を主体としていますがこのような有機物は直接植物が吸収することはできません 土壌中でまず微生物によって分解され、無機化されて、有機態窒素はアンモニウム態、または硝 …