初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

ミニトマトの種類と栽培の失敗

投稿日:

私が家庭菜園で毎年作っているのが、ミニトマトです。

ミニトマトと一言で言っても多種類あり、
赤い定番のミニトマトや、赤くても細長いもの、
はたまた黄色いミニトマトまであります。
1番最初に家庭菜園を始めた時に、
ホームセンターで、ミニトマトの作り方を
熟読した記憶があります。
プランターは長細い百円ショップで売っているものを使用し、
ふた株を離して植えました。
ミニトマトやトマトは、1番始め植えかえた時に水をやって、
それ以降は、あまり水をあげないほうが、
甘いトマトになるという情報を知り、
お水は極力与えませんでした。
今から考えるとある程度剪定をしてあげて、
一粒を大きくしてあげるという作業が必要だったのですが、
なにぶん最初の年は試験的に延ばし放題のばしてみました。
すると、あっという間にツルは延び
ミニトマトの一粒がとても小さくなってしまった事を思い出します。
しかし、数は多く取れました。
それ以降、試行錯誤をしながら、
黄色いミニトマトや普通のトマトなども栽培しましたが、
どれもうまくはいきませんでした。
毎年赤いミニトマトだけはすくすくと成長をとげ、
私の食卓を彩ってくれたものです。
しかし、去年、意外な事がわかりました。
とても大きなプランターの端と端に植えたのですが、
間にレモングラスというハーブを植えたら、
そのレモングラスというハーブにほぼ栄養分をもっていかれてしまい、
ヒョロヒョロの軟いつるになってしまいました。
実もとても少なく、毎年凄い数を採集していたので、
とてもビックリしたのとともに、ハーブなどの強いものとは
一緒にしてはいけないという事をしりました。
植え替えてからは少し持ち直して頑張ってくれていましたが、
やはり実をそれから多くつけることもなく、
またツルなども元気があまりありませんでした。
それでも毎年ミニトマトを植えてしまうのは
とても作り甲斐があり、育てやすいからかもしれません。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でスイカ栽培の失敗

私は、ある夏にスイカを店で買ってきました。 そして、スイカをたべて、その中にある種をあつめて コップに水をためて、スイカの種を選別して、 家庭菜園で使えそうな種を集めました。 次の日は、学校が休みなの …

no image

プランターの桃太郎トマトが虫にやられた!

夏も盛りを越え、ツクツクボウシが「惜しい、つくづく・・・」と、夏が終わるのを惜しむ頃。 僕のモモ太郎トマトちゃんたちは、いよいよ真っ赤に色づき 待ちに待った収穫の時期がやって来ました! 脇芽も取らず、 …

no image

初めての家庭菜園の思い出|小学校のトマト栽培

私は、小学校の時の夏休みに宿題をだされ野菜を作る課題が出されました。 小学校の終業式にいって、やっと、夏休みになりその日うちに トマトの種をベランダの植木鉢に植えました。 最初は、トマトがうまくそだつ …

no image

家庭菜園でズッキーニの栽培に挑戦しました|受粉がポイント

イタリア料理などでよく食べるズッキーニがとても好きなので、 一度栽培してみようと、昨春、苗を買ってきました。 品種はごく普通の濃緑色の細長いタイプのグリーントスカ。 地植えのスペースがなかったので、鉢 …

no image

家庭菜園でどんどん増えていくイチゴ

3年ほど前、父がイチゴの苗を買ってきました。 50センチほどの長さのプランターひとつ分に植え、 その年はイチゴの実が1粒食べられたかどうかくらいでした。 しかし、イチゴのシーズンが終わってもツルはどん …

カテゴリー

最近のコメント