初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

家庭菜園でのキャベツ栽培の基本とコツ

投稿日:

最近では、野菜を自分で作りたいと思っている方達が野菜作りのきっかけとして
家庭菜園でそれを始める方が増えています。
そして、その野菜作りの中でポピュラーなのが、キャベツです。
IMG_3211[1].JPG
品種はアブラナ科アブラナ属の多年草で、元々は地中海沿岸が原産です。
又、家庭菜園で作る場合は秋冬に採ることができる、
育てやすい新藍、栽培が簡単なグリーンボール等といった品種がおすすめです。
次は、キャベツ作りの基本とコツについて説明します。
まず最初に害虫についてですが、キャベツも例外ではなく
様々な病気を起こすことがあります。
1つが黒腐病というもので、強い雨風の後に葉が傷つくと
そこから細菌が入り黄褐色になる病気です。
次が、アオムシなどの幼虫が葉を食べたり
卵を産んだりする被害が出ます。
これらの対策は殺虫剤や殺菌剤を散布することで
予防や被害拡大を防ぐことが出来ます。
IMG_3214.JPG
そして、次は畑の準備に関する基本です。
畑の準備は、キャベツの種を植える2週間以上前からします。
まず、石灰を散布するのですが、
この意味はキャベツが成長するときに多くの石灰を吸収するので
予め畑に散布する必要があるのです。
よく土になじませ一週間以上前になると、
今度は堆肥、化成肥料、又初めて耕す場所であれば
更に重焼リンもまいてよく耕します。最
後に、畝を立てればひとまず畑の準備は完了となります。
最後にキャベツ作りの育苗に関する基本です。
キャベツは冒頭でも説明しましたが多年草なので、
秋冬採りにしたいのであれば7月から8月に種をまきます。
IMG_2525.JPG
又春採りであれば気候によって差がありますが、9月から11月に種をまきます。
そして、キャベツの種をまくといってもすぐ畑にはまきません。
本葉が出るまで育苗するのが基本です。
更に、この育苗もいくつかの段階や方法があり、
箱の中に種をまいた場合本葉が2枚出るとそのまま畑に移動して
育苗する事もあればポットに移して育苗する方法もあります。
これらはそれぞれやりやすいと
感じる方法を自分で見つけていくのが良い方法と思われます

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

イタリアンパセリの水耕栽培

数ヶ月前から、イタリアンパセリを水耕栽培しています。 イタリアンパセリは生命力が驚くほど強く、 ある程度放置してもぐんぐん伸びてくれるので本当に助かっています。 育て方も比較的簡単ですし、プラスチック …

no image

ジャガイモのプランターでの育て方

じゃがいもをプランター栽培することは初心者にもできるおすすめの方法です。 畑での栽培は土を耕す作業が必要なので大変です。 プランターだと栽培専用の土を買ってきて そこにじゃがいもを植えるだけでいいので …

no image

ミニトマトの育て方/植え付け時期や肥料のやり方

ミニトマトは種から育てるととても大変ですし難しいのですが、 苗から育てるのは誰にでも出来ますし、非常に簡単です。 野菜を育てるには毎日水遣りをしないといけないと 思っている方も多いと思いますが、 むし …

no image

家庭菜園の秋冬に育てたい大根

秋冬でおすすめの野菜は大根です。 10月まででしたら、寒冷地以外のところは芽は出ると思います。 私は家庭菜園暦が今年からという新米ですが大根はちゃんと植えました。 毎年、母も青首大根という種類を作って …

no image

家庭菜園シソ栽培の雨対策

近年は異常気象と言われるくらい夏も冬も気候の変化が激しく、 作物も育ちにくいと感じています。 家庭菜園を始めてもう5年は経つのですが、 あまり安定して上手く行ったという手応えはありません。 昨年から十 …

カテゴリー

最近のコメント