初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

じゃがいもの育て方 みんなの家庭菜園体験談

ジャガイモのプランターでの育て方

投稿日:

じゃがいもをプランター栽培することは初心者にもできるおすすめの方法です。

畑での栽培は土を耕す作業が必要なので大変です。
プランターだと栽培専用の土を買ってきて
そこにじゃがいもを植えるだけでいいので
そんなに労力がいりません。
野菜作りは難しいと思っている方?全然そんなことはないです。
プランター栽培は簡単にできます。
じゃがいもの品種はどんなものを選べばいいのか?
男爵、メークインなどが一般的で作りやすいです。
どんな料理に使うかで選ぶ品種は違ってきます。
ポテトサラダに使いたいなら、北アカリがおすすめです。
いつ植えるのか?
じゃがいもには春作と秋作があり、
栽培のチャンスが年2回あります。
春の場合は2月から3月、秋の場合は8月から9月に行います。
植えつける前にすることがあります。
種じゃがいもをカットして日光浴させます。
病気の芋ができるのを防ぐためです。
それでは早速やってみましょう。
用意するものは野菜作り用の深めのプランター、
種いも、じゃがいもを植える土(フジミの野菜がおいしい培養土)です。
準備できましたか?
種ジャガイモをプランターに5センチくらいの穴をあけて入れます。
そして土をかぶせます。そして水をやって明るい場所に置きます。
ジャガイモから芽がはえてきますので、丈夫そうな芽を2本残してあとは摘み取ります。
そのあと最初の増し土をします。花が咲き始めたら2回目の増し土を行います。
増し土はジャガイモが日光に当たって変色しないための作業です。
ジャガイモは湿気を嫌うので水やりはやりすぎないようにしましょう。
収穫は花が咲いて葉が黄色くなってきたところでいよいよ掘り起こします。
堀ったジャガイモは土をはらって暗い場所に保存してください。

スポンサーリンク

-じゃがいもの育て方, みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ジャガイモを時間差で栽培して収穫を長く楽しむ

家庭菜園でジャガイモを植えるとき、一度に植えてしまうと収穫も一緒になってしまいます そこで育苗を利用して時間差でのジャガイモ栽培を紹介します 種イモをカットして切り口を乾かした後家の中の暖かい場所で育 …

no image

完熟トマトが食べられる家庭菜園栽培

何年か前から、我が家でも家庭菜園と銘打った、小さな土地での野菜作りをしています。 色々と植えているので、採れる野菜は様々ですが、無農薬の野菜とあって、 健康にも良かろうと、毎年収穫時期が楽しみです。 …

no image

ミニトマト栽培と食育

家庭菜園を始めるにあたって、 初心者でも育てやすい野菜の一つが ミニトマトだと思います。 私も5年前から庭の片隅で家庭菜園を楽しんでいますが、 ミニトマトは毎年育てていて夏には大豊作になっています。 …

ジャガイモ

ジャガイモの植え付け時期と育てる土地の酸度

ジャガイモの生育適温は、15度-20度。冷涼な気候を好みますが、 霜には弱く、当然、暑さにも弱い気温管理の難しい野菜です。     日本は、縦に長い国ですから、北海道と沖縄では、 栽培期間が全く異なり …

no image

家庭菜園でのズッキーニの育て方

ズッキーニは見た目はきゅうりに似ていますが、実はかぼちゃの一種。 「ペポかぼちゃ」という種類であり、「つるなしかぼちゃ」とも呼ばれています。 3月中旬から6月にかけてが種まきに最適な期間なのですが、 …