初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

家庭菜園でも連作障害対策の土つくり

投稿日:

私は猫の額ほどのマイホームの庭で、野菜を作るのが趣味です。
野菜作りといっても、きゅうり、トマト、なすなどのポピュラーで簡単で
手間のかからない夏野菜ばかりです。
特に絶対に守らなければならないことは、連作の禁止です。
連作とは、毎年同じ場所で同じ野菜を作ることです。
実は、私は連作は何故禁止しなければならないのか納得が行かず、
これまでトマトときゅうりの場所を隔年交代で植え付ける程度にしていましたが、
毎年立派になってくれるので。連作には批判的な意見を持っていました。
その理由は、これ以上家庭菜園の場所が確保できないからです。
窒素、リン、カリの三大栄養素さえ与えていれば、
野菜はすくすく育つものと思っていました。
その理由は稲作です。
稲作は1000数百年もの長い間、
同じ場所に植えて、米が採れます。
連作障害など聞いたことがなかったので、野菜も大丈夫と信じていました。
しかし、今年は好天に恵まれたにもかかわらず、トマトがほとんどなりませんでした。
ついに連作障害が発生した年となってしまいました。
いろいろ調べてみると、連作障害の主な原因は、
意外なことに土の中に住む細菌や線虫だということを知りました。
植物は生体防衛のため、さまざまな酵素や他の細菌と共生などを行い、
生体を防衛していますが、活動には限界があるそうです。
しかし、連作することにより、同じ野菜に侵入する細菌や線虫が
土壌中で増えてしまうと、生育した後の殺菌剤では
ほとんど効果がないとのことでした。
本来は3月に畑を耕し、石灰を入れて中和殺菌した後に、
堆肥などをすき込み、土の中に空気を導入して、
細菌や線虫を殺菌した上で、種まきにかかります。
来年からは、家庭菜園が狭いという事実に甘んずることなく、
しっかりと土づくりをして、収穫を目指したいと思います。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

黒豆の苗場作りをして種をまきました

昨日は、黒豆の「苗場」を作ってきました。 勿論直播きでも良いのですが、豆は大きくて鳥たちに見つけられやすい為、 発芽したての頃に食べられてしまったりするので 一か所に集中して種を蒔き、寒冷紗をかけて保 …

no image

家庭菜園でジャガイモの栽培が大変でした

雪が溶けたら畑に石灰を蒔きます。 私自身石灰を蒔くことに意味がよく分からないのですが、 祖母が言うには畑の消毒になるとか。 ジャガイモはある種病気になりやすい野菜でもあります。 収穫後日陰で干すのです …

no image

プランター菜園を簡単に作る方法

私の野菜づくりは、プレンター畑です。 これは一つのプランターの一つの野菜をつくり、 プランターの数だけ野菜がある私流の畑です。 土地があまりないので、このプランターを利用しています。 管理もそんなに手 …

no image

ミニトマトの品種の種類はいろいろあります

三年ほど前から自分の中でブームになったミニトマト作り。 初めは引っ越した先の敷地に庭があり、 その土地はよく作物が育つと聞いたことがきっかけで、 少し簡単なものでも作ってみようと思ったのがはじまりでし …

no image

ニラとスイセンを間違えて食べないように

うちの家庭菜園には葉ニラが植えてあります。 100均で買ってきた葉ニラの種を畑に直播しました。 植えたその年は、細いひょろひょろした葉ニラで とても食べられるものではありませんでしが、 2年目になると …