初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

家庭菜園の土つくりはどうしたらいいのか?

投稿日:

家庭菜園で美味しい野菜を育てるには、どうしたら良いのか?
ご存知でしょうか?
家庭菜園の場合には、プランターや自宅の庭の片隅などで行うと思います。
小さい面積での野菜作りの場合には、土が消耗しやすいです。
そのため、野菜作りに適している状態に改良する必要があります。
野菜作りに良い土は、水はけが良く、適度に空気を含んでいる必要があります。
そして、保水力を持っていて土のPH(酸度)が適正でなければなりません。
そして、害虫や病原菌がいない事も大切です。
そして、適度な肥料も与えられている事が重要です。
土を作る季節は冬が最適です。土を耕して掘り起こした土を、
寒気にさらして、害虫、病原菌、草など密度を下げられます。
土に石灰か苔土石灰を土の表面に6~8割程度土が隠れるように均一にまきます。
その後、20cm~30cmの深さを耕していきます。
育てる野菜の種類により、石灰の量を調節しPHを加減していくことが大切です。
このPHの加減で育ちの良さ、悪さが生じます。
耕した後は、土の表面を平らにせず、小山のような凸凹の状態にして寒気にさらします。
そして、風雨にさらすことで風化を促していきます。
そして、冬が来る前に落ち葉を集めておきましょう。
この落ち葉、枯葉などを土の上に積む事で、質の良い堆肥を作るようにしましょう。
冬を越して春になったら、さらに堆肥を混ぜて耕します。
このように繰り返し、土づくりを行っていくことで
土に適度な空気と水が含まれ、排水も良好となります。
野菜の根がしっかりと育つ良い土で、美味しい野菜を育てましょう。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で旬のナスを楽しむ

我が家では、毎年雪が溶ける4月の下旬頃から、 家庭菜園の準備が始まります。 雪が溶けてくれると、3m四方くらいの畑が顔を出し、 そこにまず土の準備を始めます。 ホームセンターなどで腐葉土などを買い、 …

no image

家庭菜園でゴーヤ栽培に挑戦|緑のカーテンで省エネも

昨年の5月下旬、我が家は家庭菜園で野菜作りをすることにしました。 家族は皆野菜作りが初めてでした。 野菜の種や苗を売っているお店の方に相談したところ、 沖縄あばしゴーヤ(にがうり)を勧めてくださいまし …

no image

ベランダでプチトマト栽培に挑戦

去年の4月に今住んでいるマンションに引っ越してきました。 ベランダが広く日当たりも抜群だったので、 ベランダ菜園にチャレンジすることになりました。 もともと私も夫も野菜が大好きなので、 自分たちで作っ …

no image

家庭菜園でなすびの栽培に挑戦|コスパも計算してみた

私はなすびが大好きです。なすびは美味しいですよね。 マーボーナス、なすびのみぞれ煮、豚肉や味噌、焼肉のたれともよく合います。 そこで、自分の家でなすびを作ってみる事にしました。 我が家の近所のスーパー …

no image

白ゴーヤでもできる緑のカーテン

去年の夏、猛暑対策で緑のカーテンを作ろうと思い、 夫婦で大好きなゴーヤの栽培をしました。 5月ごろ、園芸店に行き苗を買います。 昨今の家庭菜園ブームで、苗も残り少なくなっていましたが、 通常の緑のゴー …