初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

家庭菜園の土つくりはどうしたらいいのか?

投稿日:

家庭菜園で美味しい野菜を育てるには、どうしたら良いのか?
ご存知でしょうか?
家庭菜園の場合には、プランターや自宅の庭の片隅などで行うと思います。
小さい面積での野菜作りの場合には、土が消耗しやすいです。
そのため、野菜作りに適している状態に改良する必要があります。
野菜作りに良い土は、水はけが良く、適度に空気を含んでいる必要があります。
そして、保水力を持っていて土のPH(酸度)が適正でなければなりません。
そして、害虫や病原菌がいない事も大切です。
そして、適度な肥料も与えられている事が重要です。
土を作る季節は冬が最適です。土を耕して掘り起こした土を、
寒気にさらして、害虫、病原菌、草など密度を下げられます。
土に石灰か苔土石灰を土の表面に6~8割程度土が隠れるように均一にまきます。
その後、20cm~30cmの深さを耕していきます。
育てる野菜の種類により、石灰の量を調節しPHを加減していくことが大切です。
このPHの加減で育ちの良さ、悪さが生じます。
耕した後は、土の表面を平らにせず、小山のような凸凹の状態にして寒気にさらします。
そして、風雨にさらすことで風化を促していきます。
そして、冬が来る前に落ち葉を集めておきましょう。
この落ち葉、枯葉などを土の上に積む事で、質の良い堆肥を作るようにしましょう。
冬を越して春になったら、さらに堆肥を混ぜて耕します。
このように繰り返し、土づくりを行っていくことで
土に適度な空気と水が含まれ、排水も良好となります。
野菜の根がしっかりと育つ良い土で、美味しい野菜を育てましょう。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ミニトマト品種ミニキャロルの栽培のコツ

10号鉢に、ミニトマトの品種「ミニキャロル」を2本植えました。 接ぎ木苗です。台木はナスでした。 別の種類の植物を接いであることによって、 病気に強くなると書いてありました。 キュウリなども接ぎ木苗が …

no image

子どもも楽しむミニトマト栽培

うちでは毎年ミニトマトの栽培を行います。 ミニトマトって自分で買うにはなんだかもったいない感じがするし 栽培できるなら栽培してしまうのが一番良いんですよね。 毎年、ゴールデンウィークの時期に私は栽培を …

no image

家庭菜園を楽しむ時間ってステキ

家の狭い庭で家庭菜園をしてもう何年もたちますが、 本当に片手間程度にしか手をかけていないせいかなかなかうまく作れないものです。 近所に家庭菜園でありながら立派な野菜を育てている方がいて、 その肩に土の …

no image

ミニトマトの種類と栽培の失敗

私が家庭菜園で毎年作っているのが、ミニトマトです。 ミニトマトと一言で言っても多種類あり、 赤い定番のミニトマトや、赤くても細長いもの、 はたまた黄色いミニトマトまであります。 1番最初に家庭菜園を始 …

no image

栄養豊富なミニトマトを家庭菜園で育てる

毎年、4月の後半になるとミニトマトを植えるのが習慣になっています。 夏になると、ぷりっとした赤い実が鈴なりになって、 手でもぎ取ると新鮮な香りがぷーんとただよいます。 夏の夕方、仕事から帰ったときに、 …