初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

小さな庭で楽しむイチゴ栽培

投稿日:

我が家には小さな庭があります。そのこに花水木を直植えし、
あとは棚に様々な花などを植えて楽しんでいました。
しかし、孫ができて物心が付いたころから、
草花を減らしてイチゴの家庭菜園に取り組み出しました。
最初は苗を3つほど購入し、植え木鉢に植えて育てました。
わずかなイチゴが実り、小さな手で孫が嬉しそうにイチゴを摘む姿が楽しく、
年々イチゴを増やし続けました。
イチゴが白い花が付けると、蜂などの昆虫による受粉が不確実なので、
綿棒で雄しべの花粉を雌しべに付け、受粉を確実にする手間をかけています。
受粉すると、花弁が落ち、やがて雌しべの下部が膨らんでイチゴになります。
実を付けだした時に、少し固形肥料を与えて実が大きくなるようにしています。
実を収穫して暫くすると、各株から何本かのリードが伸び、
その先に葉ができます。葉の下には白い突起物が出ますが、
これが根になる部分です。
この白い部分をリードを切り離さずにそのまま小さな植え木鉢に植えます。
3週間ほどすれば、根が張り、葉も大きく増えてきます。
このタイミングで、元の株側もリード先端を植えた側もそれぞれリードを切り落とします。
これで、新しい苗が増えた事になります。
この小さな植え木鉢に取った新株の状態で冬を越させ、
春にプランターなどの大きな所に植え替えるのが手順です。
こうして苗を増やせば、毎年3?4倍に株を増やす事が可能です。
元の株も次年度も実を付けますが、普通は新しい株で収穫し、
元の株は廃棄する事が多いようです。
我が家では毎年こうして株を増やし、30株ほどのイチゴを育てています。
孫達には小さな植え木鉢の苗を、
プランターに植え替える事と、実の収穫を一緒に楽しんでいます。
素人栽培で実が甘くない場合には、
ジャムにして楽しむ事もできます。
ぜひイチゴ栽培に挑戦してみてください。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でチャイブを栽培しました

野菜作りのシーズンがきました。最初の種まきはチャイブからスタートします。 種まきは4月に入ったら、準備ができ次第できるだけ早くまきます。 ハーブの一種みたいです。ユリ科なのでネギと一緒です。 ネギやア …

no image

つるなしインゲンを種から栽培|種まき時期は5月頃

種から野菜を育てる場合、 育て方が難しくて上手に育たない野菜もあります。 「せっかく種蒔きしたのに全滅だー」なんてことのないように、 育てやすい野菜を選ぶことが大切です。 そこでおすすめなのが「つるな …

no image

家庭菜園の野菜作りで新鮮なトマトを食べる

「トマト祭り」って、ごぞんじでしょうか・・?。  スペインのブニョール地方(地中海に面したバレンシア)で 行われるトマのト投げ合いの祭りで、毎年4万人もの人々が集まって、 クチャクチャになりながら、大 …

no image

家庭菜園でも連作障害対策の土つくり

私は猫の額ほどのマイホームの庭で、野菜を作るのが趣味です。 野菜作りといっても、きゅうり、トマト、なすなどのポピュラーで簡単で 手間のかからない夏野菜ばかりです。 特に絶対に守らなければならないことは …

no image

家庭菜園で落花生を栽培します

自家菜園をやっている人も多いですよね。 そろそろ暖かくなりますから、色々と選んで好きなモノを植える事が出来ます。 今年植えて見ようかなと思っているのが落花生です。 要はピーナッツですよね。 殻を剥くと …

カテゴリー

最近のコメント