初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の1年間の栽培作業計画

家庭菜園での7月の作業|炎天下での作業はなるべく短時間で

投稿日:

7月は徐々に強い日差しの日も増えてきます。
梅雨が明ければ夏本番となり、私たちもクーラーをかけずには
いられなくなる頃です。

野菜たちも同じように急激な暑さや強い日差しに晒され、
弱くなってしまいがちな時期となります。

それに加え、害虫などの活動も活発化していきます。
病害虫防除も忘れずに行なって行きましょう。

ilm16_cd06054-s.jpg

また、自分の畑を持っているなど広いスペースで家庭菜園を
やられている方は特に、熱射病などには注意しましょう。

炎天下での作業はなるべく短時間で済ませるようにし、
水分補給なども忘れずに行なって下さい。

また野菜の状態なども毎日観察しておくことが大切です。

■夏野菜の栽培管理

支柱を立ててある野菜(キュウリやゴーヤ)などは、
葉が混み合わないように切り戻しの作業を行います。

シシトウ・ピーマン・ナスなどの野菜は、風通しが良く、
内側に良く日差しが入るように剪定を行います。

スポンサーリンク

また、ナス・ゴーヤ・スイカについては、
人工授粉の作業も行いましょう。

CA390122.JPG

トマトは、脇芽を随時摘み取るようにしてさし芽をすると
良く根付いてくれます。

7月は夏野菜が著しく生長する時期ですので、
2?3週間ごとに、追肥、中耕、土寄せも行なっていきます。

7月下旬までに剪定・追肥を行い管理をしていけば、
ナスは、秋頃まで長く収穫を楽しむことが出来ます。

箱で植えたミツバやパセリなどは、朝の期間だけ日の当たる所へ
移動させると良いでしょう。

暑さ対策としては、日よけ・二重鉢・敷きワラなどが効果的です。
また病害虫防除は早め早めに行なって行きましょう。

ウリ類には藁を敷きます。
これは、土が乾燥しないようにするため、また泥も跳ね返らないように
するために必要な作業です。

泥が跳ね返ってしまうと、病気になりやすいのだそうです。
ひょうたんやヘチマについては、棚を作ってあげると良いですね。

スポンサーリンク

-家庭菜園の1年間の栽培作業計画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での3月の作業|霜の害にならないよう注意

3月というと春を感じさせる季節でもありますが、まだ寒暖の差は激しく、寒い日には暖房も必要となります。 東北や北海道などでは、まだ雪も残る季節かと思いますが、これからの天候や日差しによって家庭菜園の野菜 …

no image

家庭菜園での6月の作業|病害虫も増えてくる時期です

6月は梅雨の時期であまり好きではない人も多いかと思いますが、この時期にぐんぐん生長する野菜も多いです。 しかし、徐々に暖かくなってくると病害虫も増えてきています。家庭菜園の様子は毎日チェックするように …

no image

家庭菜園を秋にはじめる|野菜作り初心者に玉ねぎがおすすめ

家庭菜園の秋は、ネギ類やマメ科の植物、ハクサイ、ダイコンなどのアブラナ科の植物など、食卓に並べやすい野菜の植え時です。 特に、タマネギは初心者の方でも栽培しやすい野菜であり、また、調理もしやすい事から …

野菜つくり

家庭菜園での9月の作業|秋冬野菜は種まき、植え付けのタイミングが重要

9月上旬になってもなかなか暑さという点では抜けませんが、 それでも夕方頃になると、家庭菜園の作業も非常に楽になるかと 思います。 下旬を過ぎると天候によって寒いと感じる日もあると思いますので 風邪など …

no image

家庭菜園での1月の作業|1年間の栽培計画をたてよう

1年を通して上手に家庭菜園を楽しむには、どのようにスケジュールを組んでいけば良いのでしょうか? 最近流行の家庭菜園の計画を練るべく、1月に出来る事を色々と紹介していきたいと思います。 ■1年間トータル …

カテゴリー

最近のコメント