ホーム » 野菜の育て方 » ハーブの育て方 » バジルの栽培のポイント|水やり頻度の目安とコツ

スポンサードリンク

バジルの栽培のポイント|水やり頻度の目安とコツ

IMG_0486.jpg

バジルを種から育て始める場合には、発芽までは毎日水やりを
欠かさず行うようにしましょう。


発芽後、本葉が1枚?2枚ほどになったら混みすぎた部分を調節するために
間引きを行なっていきます。


この頃になったら、通常の植物と同じように土が乾燥した頃を見計らい、
水やりを行なっていくようにします。


土の中に人差し指を差し込んでみてください。
湿った土がついてくるようであれば、まだ水やりは要りません。
逆に土がパラパラとしているようであれば、乾燥の目安となります。


家庭菜園初心者の方は上記のようにして水やりの目安を、
見てから行うと安心です。


バジルを苗から育て始める場合には、植え付け時に多めの水やりをし、
その後は、土の乾燥を目安に水やりを行なっていきます。


葉っぱが茂ってきたら剪定をしながら、収穫をします。
新芽の真上で剪定を行うと、新芽は大きくなって二股に別れ、
どんどん生長していきます。


バジルは剪定を行えば行うほど、葉の枚数が増えていくものですので、
剪定・収穫を適度に行なっていくと良いでしょう。


しかし注意しなくてはいけない点もあります。それが開花です。
花を咲かせてしまえば、そこに栄養分が取られてしまうことになります。
そのため、花穂が見られたら摘み取る作業も忘れないでください。


バジルなどは葉っぱを食べる代表的な野菜です。
直射日光に当たりすぎないほうが、葉の柔らかさを保ち美味しく
食べることが出来ると言われています。


トマトを使うと、トマトの葉が適度に直射日光から守ってくれるため、
バジルの育ちが良くなり、美味しさも増します。


プランター栽培をしている場合も1つのプランターに寄せ変えれば、
この効果を得ることが出来ます。


また、ハツカダイコンと呼ばれているラディッシュは、バジルと
コンパニオンプランツの関係にあります。


お互いがお互いの病害虫の予防になるだけではなく、
土壌微生物相も良くなり、どちらの植物の健康状態も良くなります。


スペースに余裕のある方は、ハツカダイコンとともに育てることを
お勧めします。
スポンサードリンク

Return to page top