初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

水やり

種まき後、植え付け後の水やりの方法|水やりは重要な作業

投稿日:

種まき後も、植え付け後も、水やりは重要な作業と言われますが、
それぞれのやり方には、違いがありますので、是非、覚えておきましょう。

スポンサーリンク

種まき後の水やりの方法

種まき後は、種が流れてしまわないよう、ジョウロなどを使って、
たっぷりと水やりを行います。発芽するまでは、充分な水やりが必要ですが、
発芽後は、根の生長のため、乾燥したら水やりをするという形になります。

ビニールポットやセルトレイなどの育苗栽培をする場合は、
土の量などに限りがあるため、畑に直播栽培した時よりも入念に水やりが必要です。

発芽までの期間はもちろんのこと、その後もたっぷり与えてください。
この時も、ジョウロなどを使って優しく与えることがポイントです。

スポンサーリンク

苗の定植後の水やりの方法

定植後の水やりは、ただ単に水分を補給するだけではなく、
根っこ・苗・土をしっかりと接着する役目もあります。

そのため、定植前に事前に苗に水を与えてから定植すると良いでしょう。
また、植え穴に水を与えてから定植する方法もあります。

定植後は、ジョウロを使って畝全体に水をあげるのも良いですが、
株の周囲に溝を作りながら灌水すると、よりピンポイントで水を与えることができます。

水やりをあまり好まない性質のものもある

過湿を好まない野菜も中にはあります。
そういった野菜の水やりは、乾燥した後、土を湿らせる程度で大丈夫です。
それぞれの野菜でも、水やりの方法が違うことがありますので、
充分に注意してください。

スポンサーリンク

-水やり
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園のトマトのひび割れの原因|過湿にならないように注意することが必要

トマトの実の部分にヒビが入ってしまった時の原因は、水やりの失敗です。 ヒビが入るとどうしても、病害虫や、肥料不足などを考えてしまいがちですが、 この症状の場合、水分管理の失敗が大きな原因です。 特に、 …

no image

プランター栽培の水やり方法|失敗の多くは水のやりすぎ

プランター栽培は、土の容量が限られるだけではなく、プランター内の温度が上がりやすいため、定期的に水やりを行うことが必要です。 しかし、プランター栽培の失敗の多くは水の上げすぎとなりますので、水をあげす …

no image

夏の夕方に水やりをするメリット|害虫防除に防除にもなる

夏場は、私たちも暑く厳しい季節を迎えますが、それは野菜も同じこと。夏は、暑さだけではなく、害虫が増えて寄生しやすくなるので、野菜に、気を配りながら管理をして行きたい季節です。 しかし、なかなか毎日のお …

no image

野菜が水不足にならないように|水やりは重要な作業

葉より、水分を蒸散させ、根より土にある水分を吸収することによって、植物は日々、生長していきます。 野菜は9割が水分で出来ているとされるように、水分不足は生育を阻害し、品質・収穫量も落ち、ひどくなれば、 …

no image

野菜の味は水のやり方で変わる|時期や種類によって水の与え方を変える

収穫した野菜の味は、水の上げ方で変わる 家庭菜園をやられている方でも、うっかり水やりを忘れてしまい、枯らしてしまった経験や、逆に、水をやりすぎてしまって根腐れしてしまったという経験をしたことがある人も …

カテゴリー

最近のコメント