初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

水やり

夏場の水やりの注意点|暑いときにはいきなり水をやらない

投稿日:

最近の日本は本当に暑いです。
炎天下の続く毎日であれば、鉢土もすぐにカラカラになってしまいます。

夏場は朝夕2回の水やりが必要なこともあり、お手入れが大変だと、
感じている人も多いのではないでしょうか?

ジョウロでは一度にたくさんの水やりをすることが出来ないため、
散水ホースを使って水やりを行なっている人も多いと思いますが、
蛇口を捻ってすぐに水やりをするのは辞めてくださいね。

夏の日光に晒されているのは、植物だけではなく、ホースもです。
ホース内に前回の水が残っていれば、そのホース内の水が日光により
温められ、熱いお湯として出てしまうこともあるのです。

蛇口も同じですよね。蛇口を捻って水を出したらぬるい!というような
経験をされた方も多いのではないでしょうか?

このため、少しホースで水を出し「冷たい」と感じるまで水やりは
行わないようにしてください。

スポンサーリンク

最近は散水ホースにも色々な種類の物が販売されています。
ジョウロと同じように出るもの、ジェットなど勢い良く出るもの、
霧状に出るスプレーなど、手元で切替の出来るタイプも多いです。

非常に使い勝手が良く、家庭菜園やガーデニングにもピッタリですが、
ジェット噴射は、非常に作物に良くない水の上げ方です。

ジェットで上げてしまえば、土が跳ね返り葉っぱなどに付けば、
それが元で病害虫に侵されてしまうこともあるのです。

そのため、手元の切り替えのある散水ホースを使っている方は、
ジョウロやスプレーなどになっているかどうかを確認した上で、
使うようにしてください。

このように夏場の水やりには意外と注意点が多くあります。
水やりを行う場合は、その水の温度・散水方法を今一度確認してから、
水やりを行うようにしてください。

スポンサーリンク

-水やり
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の種類によって適度な土壌環境と水やり頻度は変わる

水分不足は、野菜にとって非常に悪い環境だと言えますが、土が水分を多く含みすぎているのも、良くない環境だと言えます。 中には、湿度が高い環境を好む野菜もありますが、土中の酸素が不足すると、根は生長しにく …

野菜つくり

水やりのタイミング、回数、量|基本は土が乾いたときにたっぷり

水やりは基本的に「土が乾いた時にたっぷり」というのが基本です。 良く春は1日に1回、夏場は朝夕2回などの表記もされていますが、 上記の基本は絶対に覚えておくと良いでしょう。 スポンサーリンク

野菜つくり

種まき後、植え付け後の水やりの方法|水やりは重要な作業

種まき後も、植え付け後も、水やりは重要な作業と言われますが、 それぞれのやり方には、違いがありますので、是非、覚えておきましょう。 スポンサーリンク

no image

水のやり方|家庭菜園の水やりのポイント1

野菜作りを始める前に、多少の知識はなければ、折角、野菜を育てても収穫する前に枯らしてしまいます。 そうならないためにも、家庭菜園の初心者の方は、下記を良く読み、水やりの方法は覚えておいてください。 野 …

no image

家庭菜園のプランター栽培の水やりのコツ

狭いスペースでも家庭菜園を楽しむことの出来るキッチン栽培や、 プランター栽培が流行しています。 そんな狭いスペースを用いた家庭菜園のポイントとなるのは、 容器の大きさに適した野菜を育てること、良い用土 …