ピーマンの栽培に適した温度|ナスやトマトと比べて高温を好む

トウガラシの一種でナス科の植物とされるピーマンは、
調理にも使いやすく、彩りの良い野菜として知られています。

IMG_1304.JPG

また、パプリカやシシトウなど色々な植物と仲間でもありますので、
ピーマンの育て方を会得すれば、そういった植物の栽培にも
応用することが出来ます。

同じナス科の植物というと、ナスやトマトが挙げられますが、
南アメリカの熱帯地域を原産とするピーマンは、ナスやトマトと比べても
特に高温・乾燥を好みます。

逆を返せば、低温を嫌うということです。
発芽・生育には、温かい場所であることが必要なのです。

ピーマンの生育適温は20℃~30℃です

一般的には5月の下旬頃に苗を購入し植え付けます。
種から育てるためには、温床を利用するのも1つの手です。

スポンサーリンク

10月末まで収穫出来、生育する期間も長いピーマンですので、
植え付けの際は、土の中にしっかりと元肥を鋤き込むのがポイントです。

1メートル×1メートルの場所に対し、完熟堆肥を約5キロ、
完熟鶏糞・ぼかし肥料などを約500グラムを目安とします。

畝の幅は約90センチほど、株間は70?80センチほどが目安です。
アパート住まい・マンション住まいの方など、プランター栽培を行う場合は、
幅70センチほどのプランターに2株ほどが適切です。

IMG_1498.JPG

目安としては3株で4人家族が十分に食べれる収穫量とされますが、
2株ほどでも、特に問題はないかと思います。

また、先ほども記述した通りピーマンは高温を好みます。
生育を良くするためにも、土に黒いビニールマルチをかけておくと
良いでしょう。

但し、5月末頃などの温かい時期に植えつける場合は、
特にマルチは必要ではありません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
ピーマンの育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました