ホーム » 家庭菜園ブログコラム » ガーデニングや家庭菜園が心にやさしい理由|なるほど園芸療法

スポンサードリンク

ガーデニングや家庭菜園が心にやさしい理由|なるほど園芸療法

春先は暮らしやすく、外に出るのも楽しい時期となります。
ハイキング・登山・ガーデニングなど、自然の中での楽しみも、
盛んになる時期です。


気持ちのよい自然の空気を吸い、普段はなかなか触れることのない、
植物や作物、土に触れるのも気分がリフレッシュします。


最近は、若い世代の人も家庭菜園をはじめる人が多いです。
また、園芸療法としても注目されていて、園芸にはさまざまな精神的な
効果が得るのだと言えます。


園芸療法は、身体障害者・精神疾患者・老人ホームなどで
積極的に取り入れられています。私たちが外に出るとリフレッシュ
出来るように、園芸はそういった方にも凄く良い効果があります。


園芸療法が生まれたのはイギリスです。
既に18世紀前半には、精神疾患者を収容する施設で行われてたと
言います。


イングリッシュガーデンとも呼ばれる英国式の庭も有名なイギリスは、
国民的にガーデニングが楽しまれている国です。
小さなアパートの中庭でもガーデニングを楽しむ人も多いです。


元々、国民的娯楽でもあったガーデニングですので、療法としてより、
福祉や医療に自然に溶け込んだいったと考えられています。


そういった患者さんや高齢者の癒しともなっているガーデニングですから
自宅で始めるにしても、凄く健康的な趣味だと言えますね。


日本でもガーデニングと健康は深い関係があるとして、園芸療法が、
色々なところで行われてきています。


あなたも是非、家庭菜園をはじめ、季節により変わるさまざまな彩りを
感じてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top