初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の病害虫防除

家庭菜園で化学農薬を使わずに野菜を育てるには|無農薬栽培のコツ

投稿日:

トマトは南米のアンデス高原が原産地です。
そのため、南米のアンデス高原のような環境で育てることで、
より健康に、より美味しいトマトになると言われています。

このように植物にはそれぞれ生育に適した環境があります。
日向が好きな植物もあれば、日向を嫌う植物もあります。
また、乾燥を好む植物もあれば、湿地を好む植物もあります。

本来、日向が好きな植物を日陰で育てると上手く行かないように、
植物を上手に育てるためには、その植物の性質を知り、
適した環境で育ててあげることが大切なのです。

種を購入する場合、苗を購入する場合、どちらの場合であっても、
タグを見れば、その植物の性質を確認することが出来ます。

自分の菜園のスペースや、菜園の環境などを考えた上で、
作る作物を考えていけると良いですね。

次に大切なのは、水やりです。
水やりは闇雲に与えても、与えなすぎても、根腐れ・病気といった、
トラブルが考えられます。

基本的には、「土が乾いた頃にたっぷりあげる」というのが
前提になりますので、良く覚えておいてください。

何故かというと植物は水分を求めて伸びるためです。
土が湿った状態は、根っこを伸びずとも水分を得れることになるので、
なかなか根っこが伸びていかなくなります。

スポンサーリンク

そのため、少し乾燥気味に育てることで遠くまで根っこが伸び、
根っこのしっかり張った健康な植物に育っていくことが出来るのです。

水やりはとても大事なポイントとなりますが、回数・量が間違えば、
一気に不健康になってしまうので、注意してくださいね。

しかし、日本の環境は高温多湿でも知られています。
そのため、健康に育てているつもりでも害虫や病気になってしまう事も、
十分に考えられます。

この時に大切なのは、即座に対処することです。
そのためにも、植物は水やりの際などに良く観察しておくことです。

少しでも色がおかしいと感じた場合や、葉っぱの変形などがあったら、
その裏側まで、きちんとチェックしてあげてください。
良く葉の裏に卵を産み付けられてしまうケースがあります。

まだ産み付けられたばかりであれば、その葉っぱだけを、
取ってあげれば、対処が出来ます。また、卵の段階で処分すれば、
発生さえもすることなく、対処が可能です。

万が一、害虫が発生した時でもすぐに対処が出来るように、
ちょっとした変化にも気を配りましょう。

こうすることで、更に健康に美味しい野菜を収穫出来ます。
なかなか忙しいとは思いますが、1日に1度は観察をするようにして、
害虫に気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

-家庭菜園の病害虫防除
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の虫除けを化学農薬以外で対策|家庭菜園の害虫防除

木酢液などの天然物質と同じ成分を使ったものでも、病害虫から野菜を守る効果を得ることができます。 ただし、一般的な薬剤とは異なるものですから、その効果は緩やかです。劇的な効果は期待できませんので、生育初 …

no image

ポイント3 まき時期、栽培適期を守り、健康で丈夫な苗を育てる|家庭菜園の病害虫防除

野菜の種まきや定植を適期に行うことは家庭菜園の病害虫防除につながります 野菜の栽培に適した時期というのはその野菜がもっとも健康に丈夫に育つ時期です 野菜の栽培適期に合わせて、栽培すれば病気や害虫の被害 …

野菜つくり

土の中の害虫を駆除する|家庭菜園の害虫防除

あなたは家庭菜園で虫の害に困っていませんか? 土の中にいる害虫はヨトウムシ、ネキリムシ、コガネムシの幼虫などです。 家庭菜園の畑でもプランタでも野菜を植える前に土を耕しますが、 この土を耕すときに土の …

no image

アブラナ科野菜(コマツナ、キャベツなど)の根こぶの原因|輪作栽培が1番の連作障害の予防

コマツナやキャベツの根の部分にコブのようなものが出来てしまった場合は、 連作障害による「根こぶ病」を疑ってください。 水やり・肥料・天候の観点が原因になることもありますが、 コブが出来ているという現象 …

no image

家庭菜園の害虫対策|発見したらすぐ補殺する

まず野菜の葉をじっくり観察しましょう 害虫が食べたあとを見つけたら、今度は葉の裏をじっくり見ます 潜んでいる害虫が1匹だけとは限りません丹念に調べましょう 家庭菜園の多くの野菜につくヨトウムシは夜行性 …