初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

野菜の歴史|コロンブスと野菜との意外な関係性

投稿日:

野菜の歴史を辿っていくと、コロンブスの名前が出てくることがあります。
新大陸の発見をしたとして知られるコロンブスと野菜は、どんな関係があるのでしょうか?

■コロンブスと野菜との意外な関係性

コロンブスが新大陸である西インド諸島を発見したのは、1500年ほどです。
日本では戦国時代のはじまり頃となりますが、このコロンブスの新大陸発見は、
今、日本でさまざまな野菜を楽しめることと大きな関係があります。

その証拠に、西インド諸島発見より約10年間で、アメリカ大陸を原産とする、
さまざまな野菜が、ヨーロッパに渡来したことが分かっています。

例えば、トマト、ジャガイモ、ピーマン、トウモロコシなどがあります。
サツマイモ、カボチャ、トウガラシなども、その中に含まれ、私たちの食生活には、
欠かせない野菜ばかりです。

スポンサーリンク

こうしてアメリカより、ヨーロッパに渡ったさまざまな野菜たちは、
長い年月をかけて、私たちの国である日本はもちろん、世界各国に広まって行きました。

コロンブスと野菜との意外な関係性はこのようなところにあります。
コロンブスが西インド諸島を発見していなければ、野菜の改良などはもっと遅れており、
今、普通に楽しむことの出来る野菜が食べられなかったかも知れませんね。

野菜の歴史を辿ると、非常に興味深い話がいくつも出てきます。
コロンブスの新大陸発見はその1つにしか過ぎませんので、
興味のある方は、更に深い野菜の歴史について調べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園を作ってトマトを栽培しました

昨年の夏、人生初めて家庭菜園をしました。 まずは畑を耕すところから始めました。 わが家には庭がありましたが、土が硬すぎてそのままになっていました。 小さい耕運機で硬い土を耕し、まずは野菜の大事な土台作 …

no image

農林水産省が定める、有機農産物の定義とは?

私も実践する「有機農法」。そして、有機農産物とは、 具体的に、どのように定義されているものなのでしょうか? ■農林水産省が定める、有機農産物の定義とは? 1.種まき、植え付けの2年前以降に、禁止されて …

no image

趣味の家庭菜園はストレス発散になる

いつも仕事が忙しくてあまり自分の時間が持てなかったのですが 最近は家庭菜園でストレスを発散しています。 もともと沖縄育ちだったので近所にサトウキビ畑があったり きれいな海があるのが当たり前な環境だった …

no image

無農薬栽培の害虫対策|

無農薬栽培にしたいけど、毎日虫取りの十分な時間が取れない…。 私もその一人です。十分には時間が取れませんし、畑の作業は、 虫取りだけではありませんので、他の作業が疎かになってしまいます。 …

no image

トマトは厳しくストレスを与えた栽培のほうが甘くなる?

我が家では、毎年、家の前の小さな畑に、トマトを植えています。 苗は、自分で育てず、ある程度大きくなったものを買います。 初めの頃は、どれも同じだろうと、値段の安い苗を買っていましたが、 色々な種類を試 …