初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

野菜の歴史|コロンブスと野菜との意外な関係性

投稿日:

野菜の歴史を辿っていくと、コロンブスの名前が出てくることがあります。
新大陸の発見をしたとして知られるコロンブスと野菜は、どんな関係があるのでしょうか?

■コロンブスと野菜との意外な関係性

コロンブスが新大陸である西インド諸島を発見したのは、1500年ほどです。
日本では戦国時代のはじまり頃となりますが、このコロンブスの新大陸発見は、
今、日本でさまざまな野菜を楽しめることと大きな関係があります。

その証拠に、西インド諸島発見より約10年間で、アメリカ大陸を原産とする、
さまざまな野菜が、ヨーロッパに渡来したことが分かっています。

例えば、トマト、ジャガイモ、ピーマン、トウモロコシなどがあります。
サツマイモ、カボチャ、トウガラシなども、その中に含まれ、私たちの食生活には、
欠かせない野菜ばかりです。

スポンサーリンク

こうしてアメリカより、ヨーロッパに渡ったさまざまな野菜たちは、
長い年月をかけて、私たちの国である日本はもちろん、世界各国に広まって行きました。

コロンブスと野菜との意外な関係性はこのようなところにあります。
コロンブスが西インド諸島を発見していなければ、野菜の改良などはもっと遅れており、
今、普通に楽しむことの出来る野菜が食べられなかったかも知れませんね。

野菜の歴史を辿ると、非常に興味深い話がいくつも出てきます。
コロンブスの新大陸発見はその1つにしか過ぎませんので、
興味のある方は、更に深い野菜の歴史について調べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

野菜の原産地は主に8か所の地域に分けられる(八大中心地)

野菜の原産地は、1951年、旧ソ連の植物学者により提唱されました。 この提唱は「作物の八大中心地」とされ、8つの地域に分けた 原産地を見ることが出来ます。 ■バビロフ氏による野菜の原産地 1.南アメリ …

no image

山菜と野菜の違い|家庭菜園でも山菜を楽しむ

「山菜」という言葉を一般的に使うと思いますが、山菜類というのは、どのようなもののことを言うのでしょうか? 一般的に山菜というのは、その名前の通り、野山に自生する植物です。その中で、葉・茎・花蕾・根など …

エダマメ 大豆

大豆は野菜?それとも穀物?|収穫時期によって分類されます

あまり知られていない事実ではありますが、実は、大豆と枝豆は同じ種類の植物です。 枝豆は種まき後、約90日間生長することで収穫が出来る子実、 大豆は種まき後、120日以上生長することで出来る種子となりま …

no image

家庭菜園の初心者はミニトマトからはじめるのがおすすめ

私の野菜作りは、ミニトマトの苗からはじまりました。元々は、 「家庭菜園」としてではなく、ベランダの一角にて何か育てたいな? という、軽い気持ちからスタートしました。 それまでは、本当に無趣味だったんで …

no image

ゴールドラッシュを栽培しました

とうもろこしの品種、ゴールドラッシュを栽培しました。 種を購入し、肥料を多めに入れた畑にまきました。 とうもろこしは種の間に鳥に食べられてしまうことがあります。 2センチ程の深さに3粒ずつまき、間隔は …

カテゴリー

最近のコメント