ホーム » 家庭菜園ブログコラム » 家庭菜園をはじめても挫折する人が多い|心配な方はベランダやプランターなどの狭い範囲から

スポンサードリンク

家庭菜園をはじめても挫折する人が多い|心配な方はベランダやプランターなどの狭い範囲から

私も、はじめは家庭菜園の初心者でした。ただ、なんとなく、
「やってみたい」そう思ったから、家庭菜園を始めました。
誰しも、趣味のはじまりなんて、こんなものですよね。まずは、
「興味があるかどうか」ここが、大切だと思います。


ただ、家庭菜園は、非常に苦労も伴う趣味だと言えます。
確かに、収穫の時の喜びは、たまりません。でも、地味で、
地道な作業をしたからこそ、得れるものだと言えます。
やってみると分かるのですが、意外と、野菜作りはハードなんです。


今、家庭菜園はブームと言っても過言ではありません。
家庭菜園の書籍も、今や、本屋さんにたくさん並んでいます。
でも、流行っているから...そんな軽い気持ちでは出来ない趣味であるのは間違いありません。


私のまわりにも、私を見て、野菜作りをしたいと、始める人が居ましたが、
そのうちの何人かは、すぐに挫折してしまいました。
来る日も来る日も、野菜のお世話が必要なこの趣味は、
極寒、真夏日の作業だって必要です。台風が来た時、
暴風が吹いた時、それぞれに応じて、作業しなきゃならないんです。


最近、ペットも流行していますが、野菜はペットのようなお世話が必要です。
ギラギラに晴れていて暑くても、お世話は必要なんです。


たかが野菜作りかも知れませんが、野菜作りをする上で、
はじめに考えておきたい部分でもあります。心配な方は、
プランター栽培、ベランダなどの省スペースで出来るものから順番に、
菜園を広げて行くほうが良いかも知れませんね。


スポンサードリンク

関連記事

Return to page top