初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

家庭菜園では旬の野菜が毎日食べられるメリット

投稿日:

家庭菜園の1番のメリットは、その時期の旬の野菜が、
毎日食べられることにあります。旬のものは、1番、美味しく、
栄養も豊富です。ビニールハウスなどは使わず、その時出来る、
野菜を作るからこそ、得られる最大のメリットになります。
月で言えば、4月?12月までは、いろいろな野菜が楽しめます。
むしろ、作りすぎてしまうことが多いので、食卓には、
毎日野菜のメニューが多くなり、健康にも良い食事が心がけられます。
買い物は、あまり付き添いませんが、ほぼ野菜は自給自足、
購入するのはモヤシくらいのものです。その他の野菜は全て、
自分の畑から採れたものを、新鮮なうちに食べています。
自分の好みの野菜を作れるのも、相当なメリットになりますよね。
今は、品種も自由に選べますし、珍しい野菜の種や苗も売っています。
スーパーにさえ、なかなかないようなものも作れてしまうのは、
かなり良い所だと、個人的に思っています。
ただ、9月前後はあまり野菜料理のメインとなる野菜が採れません。
この時期にとれるのは、旬は少しすぎたピーマン、トマトの他、
オクラ、モロヘイヤあたりになりますから、野菜が少し欠けます。
また、1月?3月も同様に野菜の収穫量が減ります。
葉物野菜は割と採れますが、多くは、前年の残りのハクサイ、
ダイコンなどがメインになり、鍋ものとして良く利用します。
1年中高い自給率とはいえませんが、それでも充分なくらい、
野菜は食べられると思います。どの野菜も、スーパーの味とは、
やっぱり違うと言えるので、ぜひ、味わって欲しいですね。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

じゃがいもの栽培特性と上手な育て方

じゃがいもの作物的特性は、生育適温15から24度で、 イモの肥大は17度が適し、29度以上ではイモは形成しません。 高温ではイモ数は増加するが、肥大は劣り、澱粉蓄積が低下して収量は減少します。 土壌の …

no image

家庭菜園は種からはじめるか? 苗からはじめるか?

初心者の方であれば、種からはじめるべきか?苗からはじめるべきか?というところで悩むかと思います。 失敗が少ない方法を考えるのであれば、苗をホームセンターなどで購入し、その苗を直接植え付ける所より栽培を …

no image

ソラマメを栽培しています

母は無類のそらまめ好きで、料理のあしらいとしてでなく、 塩と砂糖と、少しの醤油で煮て、オヤツに食べます。 オヤツというより、時季にはほとんど主食です。 ちょっとずつ買ってきてもラチがあかないような食べ …

no image

山菜と野菜の違い|家庭菜園でも山菜を楽しむ

「山菜」という言葉を一般的に使うと思いますが、山菜類というのは、どのようなもののことを言うのでしょうか? 一般的に山菜というのは、その名前の通り、野山に自生する植物です。その中で、葉・茎・花蕾・根など …

no image

枝豆で夏バテ防止|エダマメは栄養価の高い家庭菜園おすすめ野菜

枝豆というと、ビールのおつまみとして良く食べられていますが、あまり、栄養価については考えたことがなかったのではないでしょうか? 実は、枝豆の栄養価は高くビタミンB1、ビタミンC、Aなども豊富に含まれて …

カテゴリー

最近のコメント