初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

トマトの育て方

トマトの栽培ポイントまとめ1|実のなる側を手前にする

投稿日:

トマトは、家庭菜園で育てることのできる野菜の中でも、
特に、人気・需要の高い野菜です。小さなお子さんとの栽培など、
家庭菜園ではなく、小さなベランダなどで栽培している人も多いようです。
しかし、トマトは意外にも連作障害が多く、日本の高温多湿を嫌うなど、
栽培に手間の掛かる野菜としても知られています。
今日は、そんなトマトを上手に育てるポイントをいくつかまとめてみました。
■トマトの苗の植え付けは、実のなる側を手前にすることで収穫を楽に!
トマトの苗の植え付け方のコツは、実・花の付き方の規則性を生かして、
花の咲く、実のなる方を、管理しやすい手前側に向けることです。
トマトは、生長とともに次々に開花のみられる野菜の1つですが、
その花の咲く方向は全て、最初に付いた花を同じ向きになります。
これを逆手に取ると、収穫はもちろん、その他の作業も格段に楽になります。
■トマトの支柱はどうする?合掌式支柱が1番人気!
トマトは、支柱なしには育てることが難しい野菜です。
そのままにしておけば、茎が倒れてしまうので、支柱を立てて、
つるを誘引してあげることが必要です。
支柱の種類はさまざまあり、ホームセンターなどで安価で手に入りますが、
トマトの実は割と重く、支柱にも大きな負担になってしまうので、
合掌式支柱にするのが1番安心できます。
中玉トマトや、ミニトマトなど、サイズの小さい品種の場合には、
直立式の支柱でも、茎を倒さずに育てることができます。

スポンサーリンク

-トマトの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

トマトの原産地と適した環境

トマトは、古くから私たちの食料として食べられてきた野菜です。 そもそもの原産は、南米アンデス山脈の高地にて生まれましたので、 トマトは、高温多湿の状況をとても嫌います。 日中の強い日差しは好む植物では …

no image

トマトの接木苗を定植して連作障害対策

トマトは、味だけではなく、食卓のいろどりを良くするとして、 家庭菜園でも、特に人気の高い野菜の1つです。 トマトの苗の植え付けの適期は、4月下旬?5月上旬頃です。 トマトは苗から育てるのが一般的とされ …

野菜つくり

調理用トマトの品種紹介|おいしい調理用トマトの育て方

調理用トマトを栽培する前には支柱栽培の品種か 地這い栽培の品種かチェックしてしておきましょう。 スポンサーリンク

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

no image

トマトの栽培ポイントまとめ2|カルシウム欠乏に注意

■トマトの脇芽は小さいうちにかき取ることが大切! トマトの脇芽とりは、まだ小さいうちに指で取るようにしてください。 脇芽をとるというと、ハサミを用いるようにイメージする人も多いですが、 脇芽とりには、 …

カテゴリー

最近のコメント