初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

トマトの育て方

トマトの育苗の温度管理|最適な温かい環境を作る方法

投稿日:

野菜の苗は、定植の適期より早くから出回ることがほとんどです。
ホームセンターや、園芸専門店、インターネット通販などで購入ができるので、
自分の好みの品種を探してみると良いでしょう。

しかし中には、苗すら販売されていないような珍しい品種もあります。
そういった品種を育てるのが、家庭菜園の醍醐味でもありますので、
苗が手に入らない場合は、育苗を検討してみてはいかがでしょうか?

■トマトの育苗について

果菜類のトマトの育苗期間は、大体2ヶ月程度となります。
苗の植え付けの適期が5月のゴールデンウィーク頃となりますので、
そこから逆算し、種まきは2月?3月頃に行うことになります。

スポンサーリンク

2月?3月というと、まだまだ寒く、場所によっては雪も積もります。
トマトの発芽適温は24度?30度、生育適温は昼でも20度?25度、
夜は8度?13度ほどが必要となりますので、なかなか生育が難しいと言えます。

温床や、暖房などの設備や、資材なしでは育てることは難しいですので、
そういったところも、きちんと考えてあげることが重要です。

■育苗に最適な温かい環境を作るには?

電熱線や堆肥の発酵熱などを使った、温床育苗が最適です。
トマトの種を植え付ける2月?3月の時期には、とても有効だと言えます。

ビニールトンネルなどの資材を用いた方法も考えられますが、
あくまでもそれらは、保温する効果となり、温度を高める効果は期待できません。

野菜によって、発芽適温・生育適温は大きく異なりますので、
種まき後、育苗をする場合は、それぞれの適温について頭に入れて管理しましょう。

スポンサーリンク

-トマトの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

トマトの接木苗を定植して連作障害対策

トマトは、味だけではなく、食卓のいろどりを良くするとして、 家庭菜園でも、特に人気の高い野菜の1つです。 トマトの苗の植え付けの適期は、4月下旬?5月上旬頃です。 トマトは苗から育てるのが一般的とされ …

no image

トマトの栽培ポイントまとめ1|実のなる側を手前にする

トマトは、家庭菜園で育てることのできる野菜の中でも、 特に、人気・需要の高い野菜です。小さなお子さんとの栽培など、 家庭菜園ではなく、小さなベランダなどで栽培している人も多いようです。 しかし、トマト …

no image

トマトの魅力は真っ赤なリコピン|イタリアントマトの育て方

トマトを色で分けると生食用のピンク系トマトとジュース用・加熱調理用の赤系トマトに分類されます ピンク系トマト  トマト タキイ交配・・・桃太郎T93・・・<タキイの大玉トマトです。 種のことならお任せ …

no image

トマトの栽培ポイントまとめ2|カルシウム欠乏に注意

■トマトの脇芽は小さいうちにかき取ることが大切! トマトの脇芽とりは、まだ小さいうちに指で取るようにしてください。 脇芽をとるというと、ハサミを用いるようにイメージする人も多いですが、 脇芽とりには、 …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

カテゴリー

最近のコメント