初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ブロッコリーの育て方

ブロッコリーの歴史と仲間たち

投稿日:

ブロッコリーは、花蕾(からい)と呼ばれる、つぼみや、花の茎を食べる、
少々変わった野菜です。花菜類に分類される、葉菜類の野菜です。
ブロッコリーの先祖を探ると、キャベツに行き着く、キャベツの仲間で、
キャベツ、メキャベツ、コールラビ、ケール、カリフラワーなどと同種です。
このうち、ケールは紀元前より利用されていたと言われますが、
ブロッコリーの歴史は、意外と浅く、イタリアでは15世紀末頃、
フランスや、イギリス、ドイツなどのヨーロッパの国々では、
17世紀はじめ頃より親しまれるようになりました。
また、これも今のブロッコリーの品種とは少し違うもので、
現在のブロッコリーのような品種が育成されるようになったのは、
19世紀頃だと言われています。
日本でブロッコリーが食べられるようになったのは、明治初期のことで、
戦後より、栽培が広まったと言われています。
ブロッコリーと良く似ているとされるカリフラワーは、同じ、
花蕾(からい)を食べる野菜です。カリフラワーは、
ブロッコリーが、突然変異してできた種類の野菜と言われており、
つぼみの部分が柔らかく、癒着しているのが特徴です。
茎の上にできる、頂花蕾(ちょうからい)を収穫した後はもう育たず、
ブロッコリーのように、側花蕾(そくからい)が出てくることなく、栽培が終わります。
栽培自体は、ブロッコリーと似たように育てられますが、
花蕾を白く育てる必要があるカリフラワーは、外葉で覆うなどの、
カリフラワー独特の作業が必要です。

スポンサーリンク

-ブロッコリーの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ブロッコリーの種まき時期|家庭菜園では夏まき秋冬どりがおすすめ

ブロッコリーは、原産地に由来して、非常に涼しい気候を好みます。 そのため、生育適温は15度?20度ほど、耐暑性、耐寒性があります。 私たちの口にする花蕾(からい)の部分の生育適温は、15?18度です。 …

no image

ブロッコリースプラウトの作り方|意外と簡単栄養満点

ブロッコリーの種からブロッコリースプラウトを育ててみませんか? ブロッコリースプラウトとはブロッコリーの種から作るかいわれダイコンみたいなもので 栄養価も高く、最近人気の食材です スポンサーリンク 作 …

no image

ブロッコリーの育て方|わき芽も収穫できる栄養価の高い野菜

ブロッコリーは、アブラナ科に属する野菜でブロッコリーの芽には、発がん率を下げる効果もあるとされており、近年、医学的にも注目を浴びている野菜です。 私たちが食べているブロッコリーというのは、花の蕾と茎の …

no image

ブロッコリーの間引きとスティックセニョールの育て方

ブロッコリーは食卓に並べるにも、お弁当にも、彩りが良く非常に重宝する野菜の1つでもあります。 今日は、そんなブロッコリーを家庭菜園で育てる時のお手入れについて紹介していこうと思います。 ブロッコリーの …

no image

ブロッコリーとカリフラワーの違い

ブロッコリーとカリフラワーはよく形の似た野菜です。 ブロッコリーは緑でカリフラワーは白ですね。 最近は紫や黄色のカリフラワーもあります。 ブロッコリーもカリフラワーもキャベツの仲間で、 花蕾を食べるの …

カテゴリー

最近のコメント