初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ブロッコリーの育て方

ブロッコリーの種まき時期|家庭菜園では夏まき秋冬どりがおすすめ

投稿日:

ブロッコリーは、原産地に由来して、非常に涼しい気候を好みます。
そのため、生育適温は15度?20度ほど、耐暑性、耐寒性があります。
私たちの口にする花蕾(からい)の部分の生育適温は、15?18度です。
IMG_1180.JPGのサムネール画像
日本では、夏まきの秋冬どりが理想とされています。
春まき夏どりをすることもできますが、気温の高いこの頃は、
すぐに食べられる大きさの花蕾にまで育ち、形が悪くなる、
病害虫のリスクが高まるというデメリットがあります。
そういったことを考えると、やはり、高温多湿の日本であれば、
夏まきの秋冬どりが簡単で良いのかも知れませんね。
尚、この頃であれば、病害虫の被害も少なく済むことでしょう。
CA390584.JPGのサムネール画像
ブロッコリーは、本葉7枚程度になってから、低温に晒すことで、
花芽が形成されます。その低温の温度は品種によっても差があるので、
品種ごとに調べておくと良いでしょう。
収穫は、つぼみが大きく盛り上がってきた頃を目安とします。
1つ1つのつぼみが充分に締まっているうちに、収穫しなければ、
黄色い花が咲き、味が悪くなってしまいます。
はじめの収穫は、茎の上にできる10?15センチほどの頂花蕾を収穫します。
その後、下部の枝より側花蕾が出てくるようになるので、後の収穫はそれを取ります。
低温に当たると、花蕾の色が紫がかったように変色しますが、
これは、アントシアンと呼ばれる天然色素の影響によるもので、
寒さに当たることで起こる、正常な反応です。
収穫後、ブロッコリーを茹でれば、元の綺麗な緑色に戻りますし、
味も変わらないので、心配はいりません。

スポンサーリンク

-ブロッコリーの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ブロッコリーの間引きとスティックセニョールの育て方

ブロッコリーは食卓に並べるにも、お弁当にも、彩りが良く非常に重宝する野菜の1つでもあります。 今日は、そんなブロッコリーを家庭菜園で育てる時のお手入れについて紹介していこうと思います。 ブロッコリーの …

no image

ブロッコリースプラウトの作り方|意外と簡単栄養満点

ブロッコリーの種からブロッコリースプラウトを育ててみませんか? ブロッコリースプラウトとはブロッコリーの種から作るかいわれダイコンみたいなもので 栄養価も高く、最近人気の食材です スポンサーリンク 作 …

no image

ブロッコリーの歴史と仲間たち

ブロッコリーは、花蕾(からい)と呼ばれる、つぼみや、花の茎を食べる、 少々変わった野菜です。花菜類に分類される、葉菜類の野菜です。 ブロッコリーの先祖を探ると、キャベツに行き着く、キャベツの仲間で、 …

no image

ブロッコリーの育て方|わき芽も収穫できる栄養価の高い野菜

ブロッコリーは、アブラナ科に属する野菜でブロッコリーの芽には、発がん率を下げる効果もあるとされており、近年、医学的にも注目を浴びている野菜です。 私たちが食べているブロッコリーというのは、花の蕾と茎の …

no image

ブロッコリーとカリフラワーの違い

ブロッコリーとカリフラワーはよく形の似た野菜です。 ブロッコリーは緑でカリフラワーは白ですね。 最近は紫や黄色のカリフラワーもあります。 ブロッコリーもカリフラワーもキャベツの仲間で、 花蕾を食べるの …

カテゴリー

最近のコメント