ホーム » 野菜の育て方 » チンゲンサイの育て方 » パクチョイとチンゲンサイの違い

スポンサードリンク

パクチョイとチンゲンサイの違い


中国では不結球菜類全般を
「小白菜」という呼び名で総称していて、
日本で言うチンゲンサイもパクチョイも
この「小白菜」の中に含まれます。


この「小白菜」の中には品種も種類もたくさんあるので、
厳密な意味からいうと、ややあいまいな点があり、
とくにパクチョイという呼び方は南方系の俗語で、
中国の正式な名称ではありません。


チンゲンサイは日本のタイサイに よく似た形をしているもののうち
葉柄の幅が広く、緑色のものをいいます。

また、葉の形や色はチンゲンサイに似ているが
葉柄の幅がせまく、白色をしているものを
パクチョイと呼んでいます。

パクチョイの中には、葉柄が短く、
草丈の低い 短脚パクチョイもあります。

栄養的には、カロチンとビタミンを多く含み、
無機質はカルシウムとカリウムが含まれています。

チンゲンサイは食物繊維も豊富です。
スポンサードリンク

Return to page top