ホーム » 野菜の育て方 » イチゴの育て方

スポンサードリンク

イチゴの育て方カテゴリの記事一覧

イチゴの植え付け時期|地上にクラウンが出る程度を厳守

イチゴは、家庭菜園向きではないと言われているものの、
小さなお子さんからその味を楽しむことが出来るため、家庭菜園では人気が高いと言えます。


しかし、苗作りからはじめるとなると、実に1年近くも栽培期間がかかるイチゴは、
収穫期がとても短く、露地栽培の場合、約半月です。
こういった理由より、家庭菜園には適さないと言われていました。


最近では、そういった要望を叶える苗の販売が盛んに行われるようになりました。
新品種など、イチゴの中でも実にさまざまな種類が楽しめるので、
家庭菜園にも、良く取り入れられるようになっています。


イチゴの苗の植え付けは、10月中旬?下旬頃に行いますので、
苗を手に入れたい場合は、早めに良い苗を探すようにしておいてください。



露地栽培またはトンネル栽培の場合は、ダナーといった品種や、
宝交早生といった品種が代表と言えます。


ハウス栽培や、近年人気の高い早取りのプランター栽培の場合は、
とよのか、章姫といった馴染みのある品種が人気です。


イチゴの品種はとても多く、それぞれに適した栽培方法と特性がありますので、
それらを確認した上で、購入すると良いかと思います。


苗を植え付ける前には、土作りを行う必要があります。
大体植え付ける20日ほど前までに、元肥として油粕、完熟堆肥、
有機質肥料、化成肥料などを約16センチほどの深さに入れ、耕しておきます。


肥料あたりを起こしやすいイチゴの根は、植え付けの段階までに、
肥料が十分に分解していることが重要と言えますので、忘れずに作業してください。


プランター栽培の場合は、ピートモス主体の専用のものを与えます。
肥料含有量はそれぞれ違いますので、確認した後、少ない場合に限り、
化成肥料、油粕などを入れてください。


ベッドに2列植えをする場合は、花房の向きが外側になるように、
プランター栽培の場合は、花房の向きが一定の方向に向くように植え付けます。


深植えは禁物となりますので、地上にクラウンが出る程度を厳守してください。
植え付け後は、毎日水やりを行い、土を乾燥させないようにしましょう。

スポンサードリンク

イチゴの増やし方|いちごは、ランナーを伸ばすことで増やせる

■いちごは、ランナーを伸ばすことで増やせるいちごの種は、いちごの表面にあるツブツ...

続きを読む

イチゴの植え付けの方向|ランナーの向きを確認して行うこと

■いちごは、マルチングを行って栽培するのが大切です気温の下がる地域でも育てること...

続きを読む

イチゴの苗の選び方|ウイルスフリー苗とは

美容にも、健康にも良いとされるいちごは、大人も子供も大好きで、家庭菜園でも、特に...

続きを読む

イチゴのビタミンCと健康効果

いちごは、毎日10粒食べるだけで1日に必要なビタミンCを補えると言われています。...

続きを読む

Return to page top