ホーム » 野菜の育て方 » キャベツの育て方・栽培方法|栄養満点で食卓には欠かせない野菜

スポンサードリンク

キャベツの育て方・栽培方法|栄養満点で食卓には欠かせない野菜

phfv072-s.jpg

キャベツの栽培ポイント

キャベツは苗が一定の大きさになったときに、
15℃以下の低温に一定期間あうと、
花芽ができ結球せずに花が咲いてきてしまいます。

キャベツは品種によって適期のタネまき時期を守り、
適切な大きさの苗で越冬させることが大切です。

キャベツの苗を軟弱にしないためには
光と風を利用とします。

光と風はキャベツの苗を丈夫にするだけでなく、
キャベツの病害防除にも重要な役割をします。

温度が高い時期のキャベツ育苗では、
温度が上がりすぎないように
キャベツに日よけする必要があります。

その場合、とくに温度が高くなる時間帯だけ
キャベツに日よけをし、できるかぎりキャベツ苗に
光を当ててやります。



野菜名

科名

原産地

キャベツ

アブラナ科

ヨーロッパ西海岸地方原産

学名

英名

和名

Brassica oleracea

cabbage

甘藍(かんらん)

種まき時期

定植時期

収穫時期

8月上旬~
9月下旬

9月上旬~
10月下旬

11月下旬~
3月下旬

種子の光反応

土壌適応性

明発芽種子

土壌適応性は広い
pH5.5~6.5

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

2~3

20~25

35

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

5

15~20

28

うね幅(cm)

条数

株間(cm)

60

1

30~40

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

20ml当たりの
種子粒数

4000~5500

60~80ml

3000~4000

花芽分化

平均気温14℃以下、最低気温10℃以下の温度に感じて花芽分化する。平均気温5~9℃で最も感応する。品種によってかなり差がある。



キャベツの健康効果

キャベツはビタミンK、ビタミンUを豊富に含み、
通風の発作の予防効果があります。

 ミネラル(硫黄、塩素)による 胃腸の消化・吸収の補助、
むかつき予防になります。

やけどにはキャベツの葉をもんで
患部に貼ると効果があります。



よいキャベツの選び方

キャベツの巻がかたく、ずっしりとして重く、形のよいもの

キャベツの芯の切り口が新しいもの



スポンサードリンク

関連記事

Return to page top