栽培環境で野菜の品質は変わる

野菜の栽培には十分な光の確保と養分が必要です。

葉や果実へ光を十分当てたやるようにすることで
メロンやイチゴ、みかんは甘くおいしい果物となり、
ビタミンCの量も多くなります。

肥料の管理が品質を大きく左右する野菜のひとつにホウレンソウがあります。
ホウレンソウで問題となる硝酸とシュウ酸の量は土壌中の窒素、
カリウムの量が多いほど、また、日射量が少ないほど高濃度となります。

スポンサーリンク

土壌の物理的条件はダイコンなどの根菜類の品質に大きな影響を与えます。
土壌中に未熟堆肥や石、土塊があると成長点が二股に別れたりします。
家庭菜園で作っているので自分で食べるようにつくっているのであれば
面白い形の野菜が収穫できて楽しいですけどね

販売する場合は商品価値を下げてしまいます。

栽培時期も野菜の品質には欠かせない条件となります。
たとえば、冷涼な気候を好むブロッコリーは
夏の温度の高い状態では大きく、
かたくしまった花蕾とはなりません。

家庭菜園では旬を楽しむためにも適期適作を心がけましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園栽培の基本 野菜の育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました