初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 野菜の育て方

栽培環境で野菜の品質は変わる

投稿日:

野菜の栽培には十分な光の確保と養分が必要です。

葉や果実へ光を十分当てたやるようにすることで
メロンやイチゴ、みかんは甘くおいしい果物となり、
ビタミンCの量も多くなります。

肥料の管理が品質を大きく左右する野菜のひとつにホウレンソウがあります。
ホウレンソウで問題となる硝酸とシュウ酸の量は土壌中の窒素、
カリウムの量が多いほど、また、日射量が少ないほど高濃度となります。

スポンサーリンク

土壌の物理的条件はダイコンなどの根菜類の品質に大きな影響を与えます。
土壌中に未熟堆肥や石、土塊があると成長点が二股に別れたりします。
家庭菜園で作っているので自分で食べるようにつくっているのであれば
面白い形の野菜が収穫できて楽しいですけどね

販売する場合は商品価値を下げてしまいます。

栽培時期も野菜の品質には欠かせない条件となります。
たとえば、冷涼な気候を好むブロッコリーは
夏の温度の高い状態では大きく、
かたくしまった花蕾とはなりません。

家庭菜園では旬を楽しむためにも適期適作を心がけましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 野菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

肥料の成分・種類の働きを知っていますか? 多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食) 窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン …

no image

野菜の分類|同じ科の野菜を知って連作障害を防ぐ

野菜はいろいろな種類がありますね野菜は利用部分から葉菜、果菜、根葉に大きく分類されます。 さらに科としても分類されます。 同じ科の野菜を連作、つまり同一の圃場に毎年連続して同一種類の作物を栽培すると、 …

no image

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。 育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、ポットに鉢上げを行い、その後、コン …

no image

家庭菜園の連作障害対策|同じ野菜を続けて栽培してはいけません

家庭菜園での連作障害を考えると エンドウ、スイカ、ナスのように 6?7年も間隔をあけて栽培しなければならないものもあり、 小面積の家庭菜園ではたちまち野菜が作れなくなってしまいます。 家庭菜園のせまい …

no image

野菜の苗を購入して育てるメリット|家庭菜園初心者は苗からはじめるのがおすすめ

野菜の品種は、近年とても増えてきています。私が家庭菜園をはじめた当初は、まだまだ品種の書かれた苗が少なく、品種を決めるとなると、種からの栽培が当たり前でした。 しかし、今はホームセンターなどでも気軽に …

カテゴリー

最近のコメント