ホーム » 野菜の育て方 » セロリの育て方・栽培方法|シャキッとした食感がおいしい野菜

スポンサードリンク

セロリの育て方・栽培方法|シャキッとした食感がおいしい野菜

phfv014-s.jpg

セロリの栽培ポイント

セロリは涼しい気候を好み、乾燥を非常に嫌うので、
セロリの株元にはしっかり水をやりましょう。

セロリは光に敏感で、 生育初期は十分に光をあててやり、
セロリの収穫期が近づいてきたら強い光を遮ってやると
セロリの芯葉が立ちあがり、セロリの樹の姿がよくなります。


野菜名

科名

原産地

セロリ

セリ科

南ヨーロッパ

学名

英名

和名

Apium graveolens

celery

オランダミツバ

種まき時期

定植時期

収穫時期

6月上旬

7月下旬

11月下旬~

種子の光反応

土壌適応性

明発芽種子

有機質に富む肥沃な土壌を好む

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

0~4

15~20

30

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

8

13~23

25

うね幅

条数

株間

120~135

2

30~40

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

20ml当たりの
種子粒数

3700~4000

20~30ml

26000~32000



セロリの健康効果

セロリには全身の代謝を良くするカロチンと、
ストレスに対する抵抗力をつけるビタミンCが含まれているので、
セロリを食べると健胃、血圧降下、鎮静などの作用があります。

セロリの食物繊維は、 整腸やコレステロールの
低下に効果があります。 セロリの独特の香りは、
食欲増進、精神安定、頭痛などに効果があります。

セロリの葉は、刻んで入浴剤にすると湯冷めしません。
血圧が下がった時には、セロリの絞り汁に 蜂蜜を加えて飲むと効果があります。

セロリの茎は、肝臓の機能を高める成分が含まれているので、
二日酔いで頭痛がする時にセロリを食べると効果的です。



よいセロリの選び方

セロリの香りが強く、葉が青々としてパリッとしているもの。

セロリの茎が太く、丸みがあって、内側のくぼみが狭いもの。

セロリの株は、白くてひび割れがないもの。

セロリの根元が割れていたり、葉が黄色く変色しているものは避ける。



スポンサードリンク

関連記事

Return to page top