ホーム » 野菜の育て方 » かぼちゃの育て方・栽培方法

スポンサードリンク

かぼちゃの育て方・栽培方法

 

 

かぼちゃの栽培ポイント

かぼちゃは吸肥力が大きいので 肥料分が多いと葉が茂りすぎて

かぼちゃが着果しなくなることがあります。

 

土が肥えている場合は元肥を控えて、 かぼちゃの様子を見ながら追肥しましょう。

 

野菜名

科名

原産地

カボチャ

ウリ科

中南米

学名

英名

和名

Cucurbita spp

pumpkin

南瓜

種まき時期

定植時期

収穫時期

3月下旬~
4月上旬

4月下旬~
5月上旬

7月~

種子の光反応

土壌適応性

暗発芽種子

pH5.5~6.8
耐乾性強い

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

15

30

35~40

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

8

昼間18~23
夜間10~15

33

うね幅

条数

株間

250

1

75

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

1ℓ当たりの
種子粒数

500

日本種2dl

洋種6~8dl

日本種
2500~4000
洋種
1800~2500

花芽分化

日本系は低温短日条件で雌花が早い、西洋系では日長の働きは弱く、低温が雌花の着生に大きく影響する。

 

かぼちゃの健康効果

じゃがいもはガン予防効果の大きい緑黄色野菜で、

カロチン、ビタミンA・C・E、カルシウムを多量に含んでおります。

 

カロチンは粘膜を丈夫にし、

風邪に対する抵抗力効果があります。

 

抗酸化作用があり、活性酸素を除去し、

ガン細胞の発生を防ぎます。

免疫機能が高まるため、ガンが発生した時に戦う

マクロファージなどの活性を強くする働きを持っています。

 

かぼちゃは体内で発ガン物質が作られるのを防ぐ、

ビタミンCも含んでいます。

 

かぼちゃの種子はリノール酸が多く含まれているので、

殻を割って食べると動脈硬化の予防に効果があります。

 

 

よいかぼちゃの選び方

かぼちゃの大きさの割にずっしりと重いもの。

かぼちゃのへたが黄色く枯れていて、縦に溝が入っているものは完熟品。

かぼちゃのカット売りは→果肉の色が濃いもの。   

切り口が鮮やかで、わたが乾いていないもの。

 

 

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top