初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

オクラの育て方 野菜の育て方

オクラの育て方・栽培方法|健康成分ムチン・ペクチンを含む健康野菜

投稿日:

phm03_0416-s.jpg

オクラはとても歴史の古い野菜で、

その原産地はアフリカの北東部で、

エジプトでは紀元前2世紀から

すでに栽培されていたといわれています。

オクラには独特のぬめりがあり他の野菜とともに、

舌ざわりや歯ざわりを楽しむために利用されたりします。

オクラなどこれらの野菜は

健康志向や食生活の多様化から見直され、

また、栄養的にも優れていて、消費も増加傾向にあります。

オクラの独特のぬめりの成分は、

タンパク質の吸収を助ける働きのあるムチン、

脳への刺激を活性化させるガラクタン、

毒素を体外に排泄する働きのある食物繊維の

ペクチンなどです。

昔からネバネバしたものには強精効果 があり、

消化を助ける働きをするとされています。

オクラの栽培のポイント

オクラの種は皮が硬く水を吸いにくいので、

種を一晩水につけてから播くほうがオクラは早く発芽します。

オクラは早い時期に種を播くと低温のために発芽しなかったり、

発芽しても晩霜や強風にあたって枯れてしまうことがあります。

5月中下旬ころがオクラの種まきにはいいと思います。

オクラの苗を購入して植える場合も風よけなどして、

強風や低温、晩霜に注意しましょう。

ポットに2,3本生えているオクラの苗はそのまま定植しましょう。

1本1本わけると根を傷めて枯れてしまうことが多く、

初心者には難しいと思います。

オクラ栽培に慣れてきたら挑戦してみるのも面白いです。

品種はいろいろとあり、赤いオクラや沖縄の島オクラなどもあります。

私はグリーンファイブがお気に入りです。

野菜名

科名

原産地

オクラ

アオイ科

アフリカ

学名

英名

和名

Abelmoschus esculentus Moench

Okra

アメリカネリ

種まき時期

定植時期

収穫時期

4月中旬?

5月上旬?

6月下旬?

種子の光反応

土壌適応性

スポンサーリンク

暗発芽種子

土壌適応性は広い

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

15

28?30

35?40

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

10

20?30

35?40

うね幅

条数

株間

100cm

1

45cm

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

20ml当たりの
種子粒数

2200本

1.5?2?

230?260粒

いろいろなオクラの品種(購入可)

⇒次へ わき芽の摘み方と葉の管理

スポンサーリンク

-オクラの育て方, 野菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

カリフラワーの育て方・栽培方法|抜群のビタミンC含有量の花野菜

カリフラワーはブロッコリーとともに、 東地中海沿岸の島々に分布する不結球の野生キャベツがルーツです。 日本には明治に渡来し、ブロッコリーより先に普及しました。 くせのない淡白な味、さっくりした歯ざわり …

家庭菜園 オクラ

オクラの原産地と日本での歴史

真夏でも収穫できるオクラは、和食にも洋食にも合いますし、 サラダとしても取り入れることができ、夏バテ防止にピッタリです。 ツルボケさえ気をつけて育てれば、長く収穫することができるので、 家庭菜園に是非 …

no image

セロリの育て方・栽培方法|シャキッとした食感がおいしい野菜

セロリの栽培ポイント セロリは涼しい気候を好み、乾燥を非常に嫌うので、 セロリの株元にはしっかり水をやりましょう。 セロリは光に敏感で、 生育初期は十分に光をあててやり、 セロリの収穫期が近づいてきた …

家庭菜園 オクラ

オクラのプランター栽培|高温性なので10度以下の低温は危険

オクラはプランター栽培も可能な作物です。 また、夏を通り越して秋口まで莢果とよばれる実と、花を、 楽しむことができます。 広い家庭菜園をお持ちの方は勿論のこと、ベランダ菜園をされている方、 庭先で野菜 …

no image

ゴーヤーの育て方・栽培方法|苦味が癖になる健康野菜

ゴーヤーは熱帯アジア原産で高温性の野菜で、 16℃以下になると生育や果実の着果も悪くなります。 ゴーヤの発芽適温も25℃と高いので注意しましょう。 私の経験上、ゴーヤの種はそのまま播くよりも 少し傷を …

カテゴリー

最近のコメント