初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

じゃがいもの育て方 野菜の育て方

じゃがいもの育て方・栽培方法|保存しやすい常備野菜

投稿日:

じゃがいもの栽培のポイント

前年に自家で取れたじゃがいもは芽が伸びていたり、
ウイルス病にかかっている場合もあるので
じゃがいもの種イモは市販のものを使ったほうがよいでしょう。

じゃがいもは連作を嫌うので
ナス科野菜(ナス、トマト、ピーマンなど)を
2-3年作っていない畑を選び、
苦土石灰を散布して土とよく混ぜておきましょう

野菜名

科名

原産地

ジャガイモ

ナス科

南アメリカ

学名

英名

和名

Solanum tuberosum

potato

馬鈴薯
(ばれいしょ)

種まき時期

定植時期

スポンサーリンク

収穫時期

 

2月下旬?
3月下旬

6月?

うね幅

条数

株間

60

1

30

じゃがいもの健康効果

じゃがいものビタミンCは
加熱調理しても壊れにくいのが特徴です。

じゃがいもは「カリウムの王様」といわれるほど

カリウムを多く含んでいます。

カリウムは体内の塩分バランスを保つ働きがあるので、

腎臓機能の低下した人(透析をしている人は駄目)や、
高血圧の予防や治療に効果があります。

じゃがいものおろし汁を土鍋で黒くなるまで

煮詰めて飲むと胃潰瘍に効果があります。

打撲・捻挫には、じゃがいのをすりおろして

酢と小麦粉を混ぜたものを患部に塗ります。

じゃがいもはガン、胃腸病、高血圧や風邪の予防効果があります。

よいじゃがいもの選び方

じゃがいもがふっくらとしていて、しわや傷のないもの。

じゃがいもがずっしりと重量感のあるもの。

じゃがいもの皮の緑がかったものは避ける。

しんじゃがは、皮の薄いもの。

スポンサーリンク

-じゃがいもの育て方, 野菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

オクラの育て方・栽培方法|健康成分ムチン・ペクチンを含む健康野菜

オクラはとても歴史の古い野菜で、 その原産地はアフリカの北東部で、 エジプトでは紀元前2世紀から すでに栽培されていたといわれています。 オクラには独特のぬめりがあり他の野菜とともに、 舌ざわりや歯ざ …

no image

家庭菜園で収穫したジャガイモの保存方法

ジャガイモは1つの種イモから2kgほど収穫できます たくさん植えて大量に収穫したときは上手に保存しましょう 保存適温は5℃?10℃前後で光の当らない涼しいところで保存しましょう 4℃以下なるとでんぷん …

ジャガイモ 芽かき

ジャガイモの発芽日数とお手入れ|芽かきと土寄せが重要

ジャガイモの発芽は植え付け後、15日-30日ほどです。 このあたりは、季節によっても若干の差が生じます。 芽が10センチ以上になったら、ジャガイモのお手入れとして 芽かきを行います。 スポンサーリンク …

no image

セロリの育て方・栽培方法|シャキッとした食感がおいしい野菜

セロリの栽培ポイント セロリは涼しい気候を好み、乾燥を非常に嫌うので、 セロリの株元にはしっかり水をやりましょう。 セロリは光に敏感で、 生育初期は十分に光をあててやり、 セロリの収穫期が近づいてきた …

no image

ゴーヤーの育て方・栽培方法|苦味が癖になる健康野菜

ゴーヤーは熱帯アジア原産で高温性の野菜で、 16℃以下になると生育や果実の着果も悪くなります。 ゴーヤの発芽適温も25℃と高いので注意しましょう。 私の経験上、ゴーヤの種はそのまま播くよりも 少し傷を …

カテゴリー

最近のコメント