初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

野菜の原産地は主に8か所の地域に分けられる(八大中心地)

投稿日:

野菜の原産地は、1951年、旧ソ連の植物学者により提唱されました。
この提唱は「作物の八大中心地」とされ、8つの地域に分けた
原産地を見ることが出来ます。

■バビロフ氏による野菜の原産地

1.南アメリカ
ジャガイモ、唐辛子、落花生、イチゴ、パイナップル、トマトなど

2.南部メキシコ・中央アメリカ
インゲンマメ、カボチャ、サツマイモ、トウモロコシなど

3.アメリカ東部
オクラなど

4.地中海沿岸地域
アスパラガス、キャベツ、レタス、エンドウマメなど

5.中近東
大麦、パン小麦、ニンジンなど

6.中央アジア
ほうれん草、タマネギ、ソラマメなど

7.インド・マレーシア中心地
サトウキビ、バナナ、里芋、ゴマ、キュウリ、ナスなど

スポンサーリンク

8.中国
あずき、モモ、ハクサイ、大豆、ソバなど

このように見ていくと、色々な事が分かります。
まず、夏野菜として知られるトマトの原産地はペルー周辺とされています。
ジャガイモや、ピーマンなどもこの地域が原産とされています。

しかし、同じナス科でもナスはインドを原産とします。
これは、大陸移動説により、大陸が分裂されたのではないか?
といった事も言われていて、とても面白いです。

原産地の地図を見ると、その特性とは違った意外な地域を原産地とする
野菜もあったりと、非常に興味深いものです。

この作物の八大中心地は覚えておかなければいけないものではありませんが、
こういった野菜のルーツを知っておくと、更に野菜への理解が深まり、
家庭菜園を楽しめるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ベビーリーフを水耕栽培で育ててみました

きっかけは、出勤前に見た朝の情報番組でした。 お部屋で野菜を育てて、それをちぎってそのまま食べられる! というのがウリで、そのためのグッズを紹介していたのです。 私、虫が大嫌いなので植木鉢とかは苦手な …

no image

日本の野菜の食文化|大根は原産地は地中海だけど日本で広く普及した

日本は昔、「野菜を生で食べる」と言う習慣がありませんでした。これは、肥料として人糞や、人尿、未完熟堆肥などを利用してきたためです。 アメリカや、ヨーロッパは肉を中心として生活をしてきたため、早くより、 …

no image

初心者でも簡単!ハーブ栽培

家庭菜園を始めてみたいけど、何からしたら良いか分からない、 農家出身でもないので野菜作りに関しては全く知識が無い、 それでも自分で野菜を作りたいと考えている方は多いと思います。 初心者の野菜作りは二十 …

no image

ハクサイがヨトウムシにやられた|葉脈しか残っていない

私は、家庭菜園の1年目、8月末よりハクサイを育て始めました。 冬の鍋は大好物なので、ハクサイをつくりたいと、前々から思っていたんです。 でも、失敗です。全滅!と言っても過言ではありませんでした。 その …

野菜つくり

早生、中生、 晩生の意味は?|同じ野菜でも品種によって栽培期間が異なる

野菜は、実に多くの種類があります。 更に、その野菜の1つの種類でも、さまざまな品種のものがあり、 その特徴や、味、育て方などに大きな違いがあることもあります。 スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント