初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

野菜の原産地は主に8か所の地域に分けられる(八大中心地)

投稿日:

野菜の原産地は、1951年、旧ソ連の植物学者により提唱されました。
この提唱は「作物の八大中心地」とされ、8つの地域に分けた
原産地を見ることが出来ます。

■バビロフ氏による野菜の原産地

1.南アメリカ
ジャガイモ、唐辛子、落花生、イチゴ、パイナップル、トマトなど

2.南部メキシコ・中央アメリカ
インゲンマメ、カボチャ、サツマイモ、トウモロコシなど

3.アメリカ東部
オクラなど

4.地中海沿岸地域
アスパラガス、キャベツ、レタス、エンドウマメなど

5.中近東
大麦、パン小麦、ニンジンなど

6.中央アジア
ほうれん草、タマネギ、ソラマメなど

7.インド・マレーシア中心地
サトウキビ、バナナ、里芋、ゴマ、キュウリ、ナスなど

スポンサーリンク

8.中国
あずき、モモ、ハクサイ、大豆、ソバなど

このように見ていくと、色々な事が分かります。
まず、夏野菜として知られるトマトの原産地はペルー周辺とされています。
ジャガイモや、ピーマンなどもこの地域が原産とされています。

しかし、同じナス科でもナスはインドを原産とします。
これは、大陸移動説により、大陸が分裂されたのではないか?
といった事も言われていて、とても面白いです。

原産地の地図を見ると、その特性とは違った意外な地域を原産地とする
野菜もあったりと、非常に興味深いものです。

この作物の八大中心地は覚えておかなければいけないものではありませんが、
こういった野菜のルーツを知っておくと、更に野菜への理解が深まり、
家庭菜園を楽しめるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

菜の花

アブラナ科野菜の花は食べられます

コマツナ、ダイコン、チンゲンサイ、ハクサイ、キャベツなどは、 アブラナ科に属する野菜です。このアブラナ科の野菜は春になると、 葉の芯のところから、花軸が伸びて、菜の花が咲きます。 ハクサイや、キャベツ …

no image

ガーデニングや家庭菜園が心にやさしい理由|なるほど園芸療法

春先は暮らしやすく、外に出るのも楽しい時期となります。ハイキング・登山・ガーデニングなど、自然の中での楽しみも、盛んになる時期です。 気持ちのよい自然の空気を吸い、普段はなかなか触れることのない、植物 …

no image

旬の野菜は栄養価が高い?|野菜の栄養素

野菜というのは、一般的にでんぷん質を多く含みませんので、私たちが主食とする米からすれば、低カロリーとなり、ダイエットにも良いと言われています。 しかし、例外として豆類・イモ類があります。これらは、穀物 …

no image

ソラマメを栽培しています

母は無類のそらまめ好きで、料理のあしらいとしてでなく、 塩と砂糖と、少しの醤油で煮て、オヤツに食べます。 オヤツというより、時季にはほとんど主食です。 ちょっとずつ買ってきてもラチがあかないような食べ …

野菜つくり

早生、中生、 晩生の意味は?|同じ野菜でも品種によって栽培期間が異なる

野菜は、実に多くの種類があります。 更に、その野菜の1つの種類でも、さまざまな品種のものがあり、 その特徴や、味、育て方などに大きな違いがあることもあります。 スポンサーリンク 関連

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。