初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

家庭菜園を始める前に覚えておくこと|連作障害に注意

投稿日:

家庭菜園をはじめる前に覚えておくこと

■連作障害には注意しよう

同じ品種や同じ科のものなどを連続して栽培すると、
病気になりやすい・育ちが悪くなるといった現象が起こります。
これが連作障害です。

家庭菜園でも良くつくられるトマトやナス、トウガラシといったナス科のものや、
マメ科のインゲンや枝豆、アブラナ科のブロッコリーやカブなどは、

連作障害を起こしやすいとされている野菜になりますので
注意しなければなりません。

例えばトマトをその年育てた場合には、次シーズンには、
違う品種を植えるようにします。

トマトの後にナスなどを育ててしまうと連作障害が起こりやすいため、
トマトの後に育てるならば、ナス科以外のものがベストです。

根菜類・マメ科・葉菜類など色々なものを育てることで、
連作障害を回避することができます。

これは、プランター栽培でも同じことが言えますので、
プランターで栽培する場合も、連作障害を気に留めておいてください。

また、プランターの場合は土をまるごと取り替えてしまうのも1つの方法です。

スポンサーリンク

⇒家庭菜園の連作障害対策について

■まずは簡単な作物から育ててみよう

栽培が簡単な野菜をはじめに育て、家庭菜園に
慣れることからスタートしましょう。

はじめは、肥料は何をどれだけあげればいいのか?
水やりはどのくらいやればいいのか?虫がついてしまったら
どうすればいいのか?等、分からない事だらけです。

また、それぞれ作物によって答えは異なっていきますので、
最初の1年?2年は簡単な野菜育てて家庭菜園に慣れて行きましょう。

初心者にも優しく、育てやすい野菜はジャガイモ、
ピーマン、プチトマトなどです。

また、ハーブといったものも丈夫なため育てやすいです。
ローズマリーなどを育てておくのも便利ですね。

家庭菜園は、年を重ねるごとにどんどん面白くなっていきます。
最初は専門用語なども難しく、育てる作物によって
全く育て方が異なるため手間取ることも多いかと思いますが、

1年?2年もすれば、勝手が徐々に分かってきます。
根気良く続け、家庭菜園の面白さを感じてみてくださいね。

⇒家庭菜園で作りやすい野菜

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ブロッコリースプラウトの効果を知っていますか?

料理研究家の小林カツ代さんの息子であり、同じく料理研究家のケンタロウさんなどが筆頭となって、テレビでもスプラウト野菜は取り上げられ、今や話題となっています。 ケンタロウさんの番組「「男子ごはん」でも当 …

no image

趣味の家庭菜園はストレス発散になる

いつも仕事が忙しくてあまり自分の時間が持てなかったのですが 最近は家庭菜園でストレスを発散しています。 もともと沖縄育ちだったので近所にサトウキビ畑があったり きれいな海があるのが当たり前な環境だった …

no image

無農薬栽培の害虫対策|

無農薬栽培にしたいけど、毎日虫取りの十分な時間が取れない…。 私もその一人です。十分には時間が取れませんし、畑の作業は、 虫取りだけではありませんので、他の作業が疎かになってしまいます。 …

no image

家庭菜園の害虫は種類もいろいろ|ちょうちょの風景ものどかに思えない

アオムシは、モンシロチョウの幼虫です。チョウチョの止まる風景は、 非常にのどかな印象がありますが、家庭菜園にとっては、害虫です。 モンシロチョウは、野菜に止まり、アオムシの生まれる卵を産み付けます。 …

no image

じゃがいもの栽培特性と上手な育て方

じゃがいもの作物的特性は、生育適温15から24度で、 イモの肥大は17度が適し、29度以上ではイモは形成しません。 高温ではイモ数は増加するが、肥大は劣り、澱粉蓄積が低下して収量は減少します。 土壌の …