初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

家庭菜園は小さい子どもの食育に|野菜嫌いにも良い影響がある

投稿日:

小さい子供の居るご家庭には、特に家庭菜園の趣味はおすすめです。
なかなか家庭菜園の作業は、味わうことのできないものですから、
子供の成長にとても良いと思います。
実際、私の畑仲間の小学生のお子さんは、生活科の授業で育てた、
ミニトマトについて詳しく知っていたので、お友達から尊敬の眼差しで見られたそうです。
また、野菜嫌いの子供にも良い影響があるようですね。
また別の畑仲間のお子さんは、ニンジン、キュウリ、ピーマン、ナスと、
食べられない野菜が多かったそうですが、家庭菜園の作業に加わったことで、
野菜を食べられるようになったと言っていました。
自分で育てた野菜には、大人同様、思い入れがあるのでしょうね。
更に、栄養価の高い、安心・安全の野菜を食べさせてあげられるのも、
子供が居るご家庭に家庭菜園をおすすめする理由の1つだと言えます。
自分はともかく、子供には食の安全を徹底したいと言う親御さんも増えてますから、
いろいろな面で家庭菜園がプラスに働くのではないかと、思います。
ただし、家庭菜園、お父さん、お母さんの趣味になるわけですから、
付き合ってくれるのは、割と小学生くらいまでのお子さんになると思います。
そのくらいまでのお子さんであれば、積極的に手伝ってくれるので、
野菜作りの手間も楽になると思います。
中学生くらいになると、なかなか積極的にはしてくれなくなるので、
子供の小さいうちにはじめるのが1番良いと思います。
多感な時期ですから、ある程度は仕方ないかも知れませんね。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で野菜が余るときは|

菜園の規模にもよりますが、収量の多いキュウリやナスなどは、 どうしても、食べきれないほどの収穫が得られてしまいます。 贅沢な悩みではあるのですが、まずは、同じ畑仲間に声を掛け、 そのあと、近所の方々や …

no image

ホウレンソウは酸性土壌が苦手

家庭菜園で野菜を作っていますがもともとの地面の固い土を掘り起して、 ホームセンターで買ってきた野菜用の土とブレンドしていますので、 どうしても目は粗いですし、土壌が酸性に傾いているようです。 昨年の秋 …

no image

野菜の歴史|コロンブスと野菜との意外な関係性

野菜の歴史を辿っていくと、コロンブスの名前が出てくることがあります。新大陸の発見をしたとして知られるコロンブスと野菜は、どんな関係があるのでしょうか? ■コロンブスと野菜との意外な関係性 コロンブスが …

野菜つくり

野菜と穀物の定義とは?

野菜は、簡単な調理や、生で食べる事の出来る一年生の草本植物とされています。 これに対して、穀物はどのように定義されているのでしょうか? スポンサーリンク

no image

家庭菜園の初心者はミニトマトからはじめるのがおすすめ

私の野菜作りは、ミニトマトの苗からはじまりました。元々は、 「家庭菜園」としてではなく、ベランダの一角にて何か育てたいな? という、軽い気持ちからスタートしました。 それまでは、本当に無趣味だったんで …

カテゴリー

最近のコメント