初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

カブの育て方 種まき

カブの種まき|種子は軽く押さえて土で覆う

投稿日:

カブの種まきは品種によって株間や種のまく量を変えていきます

小カブや中カブは2cm間隔で4?5粒を点まきします
種に余裕がある場合は間引く数が多くなりますが
すじまきでもかまいません

大カブはまき溝をせまくしてすじまきにします

カブの種をまいたら板切れなどで軽く押さえ
種が隠れる程度の土をかぶせて
たっぷりと水やりをします

発芽するまで寒冷紗で覆います

使い方いろいろ:べたがけ、トンネル栽培、サイド張りなど用途に応じてエステル 寒冷紗 黒1....

スポンサーリンク

使い方いろいろ:べたがけ、トンネル栽培、サイド張りなど用途に応じてエステル 寒冷紗 黒1.…

寒冷紗にはアブラムシなど飛んでくる害虫の防除
直射日光を遮る日よけ、防風対策などになります

秋まきのカブは早くまきすぎると
高温で発芽不良になったり、
生育期に長雨や台風の影響を受けやすくなります

品種にもよりますが家庭菜園では
9月中旬くらいから種をまくとよいでしょう

スポンサーリンク

-カブの育て方, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

カブの間引きのタイミング|間引き後は、防虫ネットのトンネル栽培も有効

■コナガや、アオムシの幼虫に気をつける アブラナ科の野菜は、アオムシ、コナガの幼虫による、 食害の被害に気を付けなければなりません。 これらの害虫が発生すると、すぐに茎葉が食害されますので、 種まきの …

菜の花

アブラナ科の菜の花を料理して楽しむ|キャベツ、カブ、ダイコンの花

キャベツ、カブ、大根、白菜、コマツナなどのアブラナ科野菜は冬を越して暖かくなると、菜の花を咲かせます。 これはとうだちといい、ダイコンではとうだちするとスがはいって中が割れてきたり、味が落ちると言われ …

野菜つくり

種子の保存方法|余った種は貯蔵して来年の種まきに使おう

種まきの適期くらいに購入した種や、自家採種した種は、 そのシーズンに使い切れないこともしばしばあります。 家庭菜園は、全ての人が広いスペースを持っているわけではありませんし、 色々な野菜を育てたいとい …

家庭菜園 ナス

ナスの種まき|家庭菜園でのおいしいナスの育て方

苗半作といわれるほど、健康で丈夫な苗を作ることが、 定植したあとの順調な生育、収穫につながります 種まきの後は十分な温度と水分が重要です とくにナス科の野菜は寒さに弱いので、 2?3月にナスの種まき・ …

no image

カブの間引き|株間は品種によって調整する

カブの1回目の間引き時期は子葉が開ききったころです 密になっている部分や発芽の遅れて小さいカブ、ひょろひょろっと伸びているものなどを間引いて株間を揃えますこのときの株間は1?2cm程度でよいでしょう …

カテゴリー

最近のコメント