初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき

良い種の選び方|種袋の見方3つのポイント

投稿日:

r3a1b003c-s.jpg

ホームセンターやコンビニなどでも手軽に手に入れることが出来る
種の袋ですが、裏側には様々な情報が掲載されています。

その中でも今日は3つのポイントに絞って、
紹介したいと思います。

・耐病性
家庭菜園が初心者の方は、なるべく病気にかかりにくい
品種を選ぶことが大切です。手間もかからず、
失敗もしにくいと言えます。

・採取年月日
種は古くなればなるほど、発芽率が落ちてくるものです。
この年月日が新しいものを購入するように心がけましょう。

スポンサーリンク

・発芽率
発芽率というのは、その種を一定の条件で発芽させた場合、
蒔いた種に対して発芽する数の割合を出したものです。
発芽率の少ない種は、育ち方にばらつきがあります。

種は、販売されている段階でも生命維持活動で待機を続けているため、
水や日光などの発芽の環境が揃うまでの期間が
4年ほどになると、発芽さえ出来なくなってしまいます。

しかし、高温多湿の環境下に置かれている種の袋は
この期間も短くなる傾向になりますので、屋外で販売されている
種の袋はあまりお勧め出来ません。

雨や直射日光の当たらない屋内で販売されている
種を選ぶように心がけましょう。

自宅にて保管する場合にも、湿気のこもらない袋で保管し、
暗い場所で保管することがベストだと言えます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

no image

ポイント4 株間を十分にとって風通しの良い環境を作る|家庭菜園の病害虫防除

野菜にはそれぞれの野菜あるいは品種ごとに適切な株間というものがあります 株の間隔が十分にあいていないと日当たりや風通しがわるくなり病害虫の原因となるカビが発生しやすくなります 野菜の苗を植えるときは、 …

no image

家庭菜園の野菜の寒さ対策|資材を上手に使って冬の野菜作りを楽しむ

冬になると、降雪・低温のため、露地栽培の生育が止まります。 また、種類によって違いはあるものの、ほとんどが良品を収穫出来なくなります。 種まきをしても、低温であるため、発芽することが出来ない時期となり …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

野菜つくり

季節別の野菜栽培の難易度

春-夏に育てる野菜 難易度が初級の野菜 果菜類では、ゴーヤやミニトマト、オクラなどが簡単だとされています。 根菜類では、ジャガイモ、小かぶ、ラディッシュなどが初級です。 ⇒家庭菜園で育てやすい果菜類 …

カテゴリー

最近のコメント