初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき 野菜の育て方

葉菜類の栽培のポイント|白菜やリーフレタスは直播栽培でも育苗栽培でも可能

投稿日:

結球レタスや、ブロッコリー、キャベツなどの葉菜類は、
セルトレイや、ビニールポット、育苗箱などを使って育苗した後、定植します。
また、タマネギや、ネギなども同様です。

ハクサイや、リーフレタスなどは直播栽培、育苗栽培どちらも可能となりますが、
ほうれん草や、コマツナなどの栽培期間の短いものは、直播栽培が基本となります。

■大型の葉菜類の種まき

キャベツやブロッコリーなどは、夏頃が種まきの適期です。
夏に種をまくとなると、どうしても暑さによる障害が出やすいと言えるので、
育苗栽培が絶対となります。

育苗をすることで、病気や害虫の被害を抑えることができたり、
強い日差しや高温から苗を守り、元気に育てることができるのです。

スポンサーリンク

葉菜類の多くは、生育が早いのが特徴です。
種まき後は数日すれば発芽し、1週間ほどで間引きができるまでになります。

間引きは、葉の形や大きさ、色、虫食いがみられるものなど、
良いものだけを残すように行うのがポイントです。

また、生育を揃えて管理したい場合は、大きすぎてしまうものや、
小さすぎてしまう葉も同様に間引きします。
菜園ガーデンをつくる場合などは、こういった事も重点に置きたいところです。

1回目の間引き後も、ぐんぐん苗は生長していきますから、
それぞれの野菜の間引きのタイミングを逃さずに苗を育て、
万全の状態で、畑に定植するようにしてください。

尚、1本立ちにした後も7?10日間ほど、育苗を行った後、
定植するのが一般的です。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき, 野菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ナス苗 風よけ

夏野菜苗(ナス、ピーマンなど)は寒さ対策、風除けをする

夏野菜(ナス、ピーマン、トマトなど)の苗は寒さには弱いです。 畑には植え付けの数週間前からビニールマルチを張って 十分に家庭菜園の土を温めておきましょう。 スポンサーリンク

no image

家庭菜園の上手な管理の仕方|株間と光合成に必要な葉数を確保する

春から夏にかけて、野菜の生長は著しく伸びます。1日違うだけでも、凄く生長を感じる時期となりますので、野菜に応じて適切な管理をしてあげることが、元気な野菜の収穫とつながります。 ナスやピーマンなどは、1 …

no image

ゴーヤーの育て方・栽培方法|苦味が癖になる健康野菜

ゴーヤーは熱帯アジア原産で高温性の野菜で、 16℃以下になると生育や果実の着果も悪くなります。 ゴーヤの発芽適温も25℃と高いので注意しましょう。 私の経験上、ゴーヤの種はそのまま播くよりも 少し傷を …

no image

タケノコハクサイの育て方

タケノコハクサイ アブラナ科 タケノコハクサイは白菜の一種で 中国ではシャオツァイ(紹菜)と呼ばれています。 タケノコハクサイは日本の白菜に比べて、 細長く、草丈は高くなります。 結球部が長円筒形をし …

野菜つくり

猛暑の時期の家庭菜園の水のやり方

水やりはうねの表面が乾いたら与えるのが原則です。 水のやりすぎは野菜の生育をかえってわるくさせてしまいます。 乾燥が続く、猛暑時の理想的な水のやり方は 朝早くと夕方の2回です。 朝のうちにあたえた水が …

カテゴリー

最近のコメント