初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき

種子と光と温度の関係|好光性種子と嫌光性種子、発芽適温

投稿日:

野菜の種というと、ほうれん草やレタスのように、
5度くらいの低い温度より発芽をしはじめるものや、
スイカなどのように40度でも発芽するものなど様々です。

ほとんどの野菜の場合には、20度?25度くらいの温度が
発芽するにあたって適していると言われています。

しかし、この発芽適温というのはなかなか家庭菜園で
保つことは難しいです。

しかし、朝や夜の低温、日中の高温など、
徐々に温度変化が行われていくのは、種にとって、
発芽を促すことにもなっています。

秋に種を播く野菜では、種まきに遅れがないように言いますが、
これは、気温が急激に低下する時期に入ることで
一日の温度差が少なくなり、発芽に日数がかかるようになってしまうためです。

種は発芽する際に、光があった方が良いものと、
そうでないものの2つがあります。

スポンサーリンク

光があった方が良い種のことを、好光性種子といい、
光がない方が良い種のことを、嫌光性種子と呼んでいます。
中には、発芽に光が関係ない中間性種子もあります。

これら1つ1つの性質は、休眠や温度にも関係してきます。
例えば、ミツバなどは恒温で好光性種子とされていますが、
変温では、光による発芽の促進・抑制は、影響がありません。

カボチャやスイカなどの植物は嫌光性種子ですが、
温度が低ければ低いほど、その性質も強くなっていきます。

白瓜や、キュウリなどの場合には、低温で嫌光性種子となりますが、
恒温では、全く光の影響を受けなくなります。

ミツバの種を播いた後、覆土をせずに軽く鎮圧し、
敷藁をすると、芽が出るのが同じだと言われているのは、
敷藁の間からはいる光で、発芽が促されているからだと言われています。

種を播いた後は、好光性種子の場合には、厚く覆土してしまうと、
過湿となるだけでなく、光が入りませんので発芽しにくいといえます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で旬の野菜を育てよう|新鮮で栄養価が高い野菜がおいしい

スーパーへ行くと、1年中購入することの出来る野菜って多いですよね。今は、ハウス栽培なども盛んに行われているので、本来旬ではない時期でも、その野菜を楽しむことが出来る世の中になっています。 促成栽培、周 …

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …

ナス苗 風よけ

家庭菜園で野菜の保温・風対策|手軽なキャップ利用がおすすめ

春のポカポカとした陽気になると、家庭菜園も忙しくなります。 しかし、この頃の天気というのは日中こそ暖かく感じるものの、 夜間は急激に冷え込むことなどもあるので、注意が必要です。 スポンサーリンク

野菜つくり

季節別の野菜栽培の難易度

春-夏に育てる野菜 難易度が初級の野菜 果菜類では、ゴーヤやミニトマト、オクラなどが簡単だとされています。 根菜類では、ジャガイモ、小かぶ、ラディッシュなどが初級です。 ⇒家庭菜園で育てやすい果菜類 …

no image

マルチを張ると根の張り方が違う

植物の根は水分と肥料分を求めて土の中を伸びていきます マルチフィルムを使うことによって温度と水分が保たれていると、根の張りがよくなり土の深くにも浅く横にも広がっていきます スポンサーリンク 追肥の時に …

カテゴリー

最近のコメント