ホーム » 家庭菜園栽培の基本 » 肥料・堆肥

スポンサードリンク

肥料・堆肥カテゴリの記事一覧

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。
しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、
どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポートするような管理が必要となります。


土の生産力を高めるのに使われるのが、堆肥です。
土壌を単粒構造ではなく、団粒構造とすることで、保水力を高めることが出来、
同時に水はけを良くします。


また、微量成分を含んだ肥料分も入っているので、野菜の生長にも、
直接関わってくることとなります。


微生物は堆肥をエサにするものが居るわけですが、この中には、
植物ホルモンを分泌するものがあり、これが、野菜の根の生長や、
病害虫の防除に役立つと言われています。


堆肥は、牛糞、鶏糞などの家畜ふん、枯れ草、落ち葉、稲わらなどの、
有機質材料より出来ます。微生物のエサとなっているタンパク質や糖類が
含まれているので、これをエサとして分解してくれる事により、堆肥となるのです。


堆肥は、微生物がエサとして分解することが条件となりますので、
微生物が活発になりやすい状態を作り出すのが大切です。
空気・水・タンパク質となる窒素のバランスが重要となります。


最後に堆肥の作り方ですが、材料に水と酒粕、鶏糞などの窒素源を入れ、
適当な酸素量となるように、足で踏んで固めるようにします。


約30センチほどの高さに詰み、2層、3層、と積み上げていくようにします。
降雨予防としてビニールシートを被せ、発酵させます。


発酵が徐々に済んできたら、2?3回積み直しを行います。
黒ずんだ土となり、砕けやすくなったら、堆肥の完成となります。


冬の間はこういった管理、土の手入れが最も重要となりますので、
来年の野菜の生長のために、しっかりと行なって行きましょう。


スポンサードリンク

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」これは、間...

続きを読む

家庭菜園で肥料の計量に便利な道具

油粕は、粉末状・粒状になっているので、軽量カップを用います。固形状になっている時...

続きを読む

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てるこ...

続きを読む

プランター栽培の肥料のやり方|肥料焼けには注意

プランター栽培は、通常の畑を用いた家庭菜園とは育て方が異なります。それは、肥料に...

続きを読む

Return to page top