初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

投稿日:

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」
これは、間違いです。
 
 
確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、
摂取のしすぎは、かえって生育を阻害することになってしまうのです。

スポンサーリンク

 
この時の特徴は、子葉が黄色っぽく変色し、本葉は真緑になります。
生育の段階で、この現象の出た場合は、肥料が多すぎてしまっているのかも知れません。
 
 
また、特に発芽時に影響を受けやすいので、元肥の量が、
多くなり過ぎないように注意してください。
 
 

スポンサーリンク

肥料は、何故多すぎてはいけないのか?

 
 
肥料は、必要分が欠けると生育を阻害することになりますが、
肥料を、必要分以上与えても、葉ばかりが旺盛になるばかりになるので、
あまり良い状況とは言えません。
 
 
特に、ダイコンやカブなどは、食べる部分は育ちませんので、意味がありません。
果菜類の肥料が多すぎてしまうと、果実を付けにくくなりますので、
充分に注意してください。
 
 
何故、肥料が多すぎてはいけないのか?というところですが、
土に含まれる塩類濃度が高くなってしまうため、土壌のバランスが崩れ、
根が水分を吸収しにくい状態になってしまうのです。
 
 

肥料をあまり必要としない野菜

 
 
マメ科の野菜などは、根粒菌のはたらきがあるため、
それほど肥料が必要となりません。
 
 
そのため、肥料過多になりやすく、蔓ボケを起こす可能性も高いです。
それぞれの適切な量の肥料を施すことが最も大切となりますので、
野菜を育てる前には、元肥の量を改めて確認してみてください。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …

no image

野菜に必要な栄養素|17種類の必須元素がある

野菜の中に含まれる元素は、50?60種類あると言われていますが、その全ての元素が必要なわけではありません。 ■野菜に必要な必須元素 ・H(水)・C(炭素)・O(酸素)・N(窒素)・P(リン)・K(カリ …

no image

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。 肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、土がいつまでも肥料を蓄えて …

no image

野菜に硫黄成分(S)は必須|自然界におけるスーパー栄養素

硫黄(S)は植物・動物の両方に存在するアミノ酸の3種の生成に必須です 硫黄を含むアミノ酸はメチオニン、システインです この3種類のアミノ酸はたんぱく質合成の構成成分になっていますたんぱく質がなければ植 …

no image

ピーマンの土つくり・畑の準備|大きめの植え穴で深植えをしない

植えつけの2週間前に苦土石灰を1平方メートル当たり150gまいてよく耕します 植えつけ前に1平方メートル当たり堆肥3kgと化成肥料150gをまいてよく混ぜ込みます 幅1m、高さ10cm程度のうねを作り …

カテゴリー

最近のコメント