家庭菜園での施肥の方法|肥料の与え方は、野菜によって適切な方法が異なります

野菜つくり 肥料・堆肥

堆肥や肥料の与え方には、いくつかの方法があります。
土の全体に向け、散布する方法を全面施肥、植え穴を作って肥料を与える
植え穴施肥、畝の中央に溝を作って肥料を与える溝施肥(条施肥)があります。

スポンサーリンク

全面施肥について

土の全面に満遍なく散布するこの方法は、深さ15センチ?20センチほど、
全面を耕し、土の中に混ぜ込んで行きます。

この方法は、与えた堆肥や肥料が土に馴染みやすいため、効果が早く、
広い畝を作って育てる野菜を作る場合などに向いています。

ほうれん草や、シュンギクなどの葉菜類を作る時は、この方法を用いれ、
堆肥や肥料を施していきましょう。

スポンサーリンク

植え穴施肥について

この方法は、植え穴のような穴を深めに掘って、そこへ、
堆肥や肥料などを与える方法です。
その後、土壌と混ぜあわせて埋め戻します。

溝施肥(条施肥)について

畝を立てる前に、畝の中央となる部分に溝を作り、肥料を与える方法です。
その部分は埋め戻すようにして、その後、畝を作っていきます。

植え穴施肥と、溝施肥(条施肥)については、徐々に肥料の効果を感じる事ができるので、
キュウリやナス、トマトなどの苗の移植などに向いています。

こうすることで、根が深くまで伸びた時に肥料の効果を充分、
野菜が吸収することができます。

堆肥や、肥料の与え方は、それぞれの野菜で適切な方法が異なります。
その野菜を育て始める際には、充分に肥料や堆肥の与え方を知り、
正しい方法でもって、野菜作りを開始するようにしてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
肥料・堆肥
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました