初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

家庭菜園での施肥の方法|肥料の与え方は、野菜によって適切な方法が異なります

投稿日:

堆肥や肥料の与え方には、いくつかの方法があります。
土の全体に向け、散布する方法を全面施肥、植え穴を作って肥料を与える
植え穴施肥、畝の中央に溝を作って肥料を与える溝施肥(条施肥)があります。

スポンサーリンク

全面施肥について

土の全面に満遍なく散布するこの方法は、深さ15センチ?20センチほど、
全面を耕し、土の中に混ぜ込んで行きます。

この方法は、与えた堆肥や肥料が土に馴染みやすいため、効果が早く、
広い畝を作って育てる野菜を作る場合などに向いています。

ほうれん草や、シュンギクなどの葉菜類を作る時は、この方法を用いれ、
堆肥や肥料を施していきましょう。

植え穴施肥について

この方法は、植え穴のような穴を深めに掘って、そこへ、
堆肥や肥料などを与える方法です。
その後、土壌と混ぜあわせて埋め戻します。

スポンサーリンク

溝施肥(条施肥)について

畝を立てる前に、畝の中央となる部分に溝を作り、肥料を与える方法です。
その部分は埋め戻すようにして、その後、畝を作っていきます。

植え穴施肥と、溝施肥(条施肥)については、徐々に肥料の効果を感じる事ができるので、
キュウリやナス、トマトなどの苗の移植などに向いています。

こうすることで、根が深くまで伸びた時に肥料の効果を充分、
野菜が吸収することができます。

堆肥や、肥料の与え方は、それぞれの野菜で適切な方法が異なります。
その野菜を育て始める際には、充分に肥料や堆肥の与え方を知り、
正しい方法でもって、野菜作りを開始するようにしてください。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。 しかし、エン …

野菜つくり

追肥のタイミングとやり方|肥料は、根の先端に与えるのがポイント

生長すればするほど、野菜は肥料を良く吸収します。 そのため、その吸収に応じられるように肥料を適度に補給してあげるのが 野菜を上手に育てるポイントです。 スポンサーリンク

no image

化成肥料と有機質肥料の特徴と役割の違い|家庭菜園の肥料の知識

有機肥料は動植物のたんぱく質などの有機物を主体としていますがこのような有機物は直接植物が吸収することはできません 土壌中でまず微生物によって分解され、無機化されて、有機態窒素はアンモニウム態、または硝 …

家庭菜園 ダイコン

大根の肥料の与え方|おいしいダイコンの育て方

ダイコンの肥料はうねの中央に溝を掘り 有機肥料を埋めておきます スポンサーリンク

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの追肥・土寄せ|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの草丈が40㎝から50㎝になったら、 マルチフィルムをはずします。 スポンサーリンク とうもろこしの根もとに雨が当たることで 土がしまり、とうもろこしの株が安定します。 スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント