初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

家庭菜園での施肥の方法|肥料の与え方は、野菜によって適切な方法が異なります

投稿日:

堆肥や肥料の与え方には、いくつかの方法があります。
土の全体に向け、散布する方法を全面施肥、植え穴を作って肥料を与える
植え穴施肥、畝の中央に溝を作って肥料を与える溝施肥(条施肥)があります。

スポンサーリンク

全面施肥について

土の全面に満遍なく散布するこの方法は、深さ15センチ?20センチほど、
全面を耕し、土の中に混ぜ込んで行きます。

この方法は、与えた堆肥や肥料が土に馴染みやすいため、効果が早く、
広い畝を作って育てる野菜を作る場合などに向いています。

ほうれん草や、シュンギクなどの葉菜類を作る時は、この方法を用いれ、
堆肥や肥料を施していきましょう。

植え穴施肥について

この方法は、植え穴のような穴を深めに掘って、そこへ、
堆肥や肥料などを与える方法です。
その後、土壌と混ぜあわせて埋め戻します。

スポンサーリンク

溝施肥(条施肥)について

畝を立てる前に、畝の中央となる部分に溝を作り、肥料を与える方法です。
その部分は埋め戻すようにして、その後、畝を作っていきます。

植え穴施肥と、溝施肥(条施肥)については、徐々に肥料の効果を感じる事ができるので、
キュウリやナス、トマトなどの苗の移植などに向いています。

こうすることで、根が深くまで伸びた時に肥料の効果を充分、
野菜が吸収することができます。

堆肥や、肥料の与え方は、それぞれの野菜で適切な方法が異なります。
その野菜を育て始める際には、充分に肥料や堆肥の与え方を知り、
正しい方法でもって、野菜作りを開始するようにしてください。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 堆肥 使い方

家庭菜園の堆肥の使い方|充分に完熟した堆肥を使うように

落ち葉や、藁などを使った植物質堆肥は、肥料分が少ないので、 過剰に入れすぎなければ、たくさん入れても肥料焼けの心配がありません。 スポンサーリンク 植物質堆肥を土に混ぜ込むと、徐々に分解され、フカフカ …

家庭菜園 ナス

ナスの追肥|家庭菜園でのナスの育て方

ナスはとてもたくさんの肥料を吸収します。 肥料が不足するとナスの実の数や大きさ、味に大きく影響します。 スポンサーリンク ナスの実が着き始めたら定期的に肥料を与え(追肥) ナスの葉がしっかり光合成でき …

植物に必要な栄養素

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と 二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、 マンガン( …

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …

野菜つくり

消石灰の使い方|家庭菜園で石灰を使った土作りのコツ

植物が生長するにあたって土は重要なものです。 植物に応じて適する土作りを行い、生長を促すように、 してあげなければいけません。 消石灰 5kg この記事では、石灰を使った土作りについて、 お話させてい …

カテゴリー

最近のコメント