初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

家庭菜園での施肥の方法|肥料の与え方は、野菜によって適切な方法が異なります

投稿日:

堆肥や肥料の与え方には、いくつかの方法があります。
土の全体に向け、散布する方法を全面施肥、植え穴を作って肥料を与える
植え穴施肥、畝の中央に溝を作って肥料を与える溝施肥(条施肥)があります。

スポンサーリンク

全面施肥について

土の全面に満遍なく散布するこの方法は、深さ15センチ?20センチほど、
全面を耕し、土の中に混ぜ込んで行きます。

この方法は、与えた堆肥や肥料が土に馴染みやすいため、効果が早く、
広い畝を作って育てる野菜を作る場合などに向いています。

ほうれん草や、シュンギクなどの葉菜類を作る時は、この方法を用いれ、
堆肥や肥料を施していきましょう。

植え穴施肥について

この方法は、植え穴のような穴を深めに掘って、そこへ、
堆肥や肥料などを与える方法です。
その後、土壌と混ぜあわせて埋め戻します。

スポンサーリンク

溝施肥(条施肥)について

畝を立てる前に、畝の中央となる部分に溝を作り、肥料を与える方法です。
その部分は埋め戻すようにして、その後、畝を作っていきます。

植え穴施肥と、溝施肥(条施肥)については、徐々に肥料の効果を感じる事ができるので、
キュウリやナス、トマトなどの苗の移植などに向いています。

こうすることで、根が深くまで伸びた時に肥料の効果を充分、
野菜が吸収することができます。

堆肥や、肥料の与え方は、それぞれの野菜で適切な方法が異なります。
その野菜を育て始める際には、充分に肥料や堆肥の与え方を知り、
正しい方法でもって、野菜作りを開始するようにしてください。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。 しかし、エン …

no image

ピーマンの土つくり・畑の準備|大きめの植え穴で深植えをしない

植えつけの2週間前に苦土石灰を1平方メートル当たり150gまいてよく耕します 植えつけ前に1平方メートル当たり堆肥3kgと化成肥料150gをまいてよく混ぜ込みます 幅1m、高さ10cm程度のうねを作り …

no image

肥料の過剰症について|家庭菜園の肥料の知識

野菜が育つためには、元素が必要分、土に含まれている事が重要です。不足することで欠乏症を起こし、さまざまな障害が現れることもあります。 しかし、過剰に与えすぎても過剰症を引き起こし、欠乏症と同じく、さま …

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …

野菜つくり

家庭菜園での堆肥の効果|土壌の団粒構造を作りやすくする

土作りをする上で重要な堆肥の効果には、どんなものがあるのでしょうか? 下記にそのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。 スポンサーリンク