初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り 肥料・堆肥

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

投稿日:

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。
しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、
どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポートするような管理が必要となります。

スポンサーリンク

土の生産力を高めるのに使われるのが、堆肥です。
土壌を単粒構造ではなく、団粒構造とすることで、保水力を高めることが出来、
同時に水はけを良くします。

また、微量成分を含んだ肥料分も入っているので、野菜の生長にも、
直接関わってくることとなります。

微生物は堆肥をエサにするものが居るわけですが、この中には、
植物ホルモンを分泌するものがあり、これが、野菜の根の生長や、
病害虫の防除に役立つと言われています。

スポンサーリンク

堆肥は、牛糞、鶏糞などの家畜ふん、枯れ草、落ち葉、稲わらなどの、
有機質材料より出来ます。微生物のエサとなっているタンパク質や糖類が
含まれているので、これをエサとして分解してくれる事により、堆肥となるのです。

堆肥は、微生物がエサとして分解することが条件となりますので、
微生物が活発になりやすい状態を作り出すのが大切です。
空気・水・タンパク質となる窒素のバランスが重要となります。

最後に堆肥の作り方ですが、材料に水と酒粕、鶏糞などの窒素源を入れ、
適当な酸素量となるように、足で踏んで固めるようにします。

約30センチほどの高さに詰み、2層、3層、と積み上げていくようにします。
降雨予防としてビニールシートを被せ、発酵させます。

発酵が徐々に済んできたら、2、3回積み直しを行います。
黒ずんだ土となり、砕けやすくなったら、堆肥の完成となります。

冬の間はこういった管理、土の手入れが最も重要となりますので、
来年の野菜の生長のために、しっかりと行なって行きましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

健康な土をつくるには?|家庭菜園の土作り

家庭菜園に1番大切なのは、土作りです。 さまざまな著書を出されているような、家庭菜園、ガーデニングのプロでも、 土には、お金を掛けると良く言われています。 健康な土の中には、微生物がたくさん住んでいま …

no image

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。 しかし、エン …

no image

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。 施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。 重要な …

家庭菜園 ナス

ナスの追肥|家庭菜園でのナスの育て方

ナスはとてもたくさんの肥料を吸収します。 肥料が不足するとナスの実の数や大きさ、味に大きく影響します。 スポンサーリンク ナスの実が着き始めたら定期的に肥料を与え(追肥) ナスの葉がしっかり光合成でき …

野菜つくり

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」 これは、間違いです。     確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、 摂取のしすぎは、かえって生育を阻害するこ …

カテゴリー

最近のコメント