初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り 肥料・堆肥

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

投稿日:

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。
しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、
どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポートするような管理が必要となります。

スポンサーリンク

土の生産力を高めるのに使われるのが、堆肥です。
土壌を単粒構造ではなく、団粒構造とすることで、保水力を高めることが出来、
同時に水はけを良くします。

また、微量成分を含んだ肥料分も入っているので、野菜の生長にも、
直接関わってくることとなります。

微生物は堆肥をエサにするものが居るわけですが、この中には、
植物ホルモンを分泌するものがあり、これが、野菜の根の生長や、
病害虫の防除に役立つと言われています。

スポンサーリンク

堆肥は、牛糞、鶏糞などの家畜ふん、枯れ草、落ち葉、稲わらなどの、
有機質材料より出来ます。微生物のエサとなっているタンパク質や糖類が
含まれているので、これをエサとして分解してくれる事により、堆肥となるのです。

堆肥は、微生物がエサとして分解することが条件となりますので、
微生物が活発になりやすい状態を作り出すのが大切です。
空気・水・タンパク質となる窒素のバランスが重要となります。

最後に堆肥の作り方ですが、材料に水と酒粕、鶏糞などの窒素源を入れ、
適当な酸素量となるように、足で踏んで固めるようにします。

約30センチほどの高さに詰み、2層、3層、と積み上げていくようにします。
降雨予防としてビニールシートを被せ、発酵させます。

発酵が徐々に済んできたら、2、3回積み直しを行います。
黒ずんだ土となり、砕けやすくなったら、堆肥の完成となります。

冬の間はこういった管理、土の手入れが最も重要となりますので、
来年の野菜の生長のために、しっかりと行なって行きましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

団粒構造の土の作り方|腐食と有機物が土の粒子を結び付ける

団粒構造は、野菜作りに絶対に必要な土のあり方ですが、 具体的には、どのようにして団粒構造を作れば良いのでしょうか? スポンサーリンク

野菜つくり

家庭菜園での堆肥の効果|土壌の団粒構造を作りやすくする

土作りをする上で重要な堆肥の効果には、どんなものがあるのでしょうか? 下記にそのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。 スポンサーリンク

no image

家庭菜園の土の作り方

家庭菜園で野菜を作るたびに土は酸性度が強くなるので、収穫の後、家庭菜園の畑を耕すときに畑全体に石灰または苦土石灰を1?あたりに200?400gくらいを混ぜ、よく耕します。 ここで、気をつけることは家庭 …

no image

土壌のEC値は簡単に測定できます|家庭菜園の土つくりは土壌診断から

土作りは、闇雲に必要となるものを入れるだけでは効果が発揮されません。まずは、その土地の土壌診断を行い、現在の土の状態はどうなっているのか、pH(酸度)はどうか、肥料成分はどれくらい含まれているのかを知 …

no image

家庭菜園の土作りで苦土石灰を使う|寒い時期の畑起こし

家庭菜園をはじめる方も多いですが、使える家庭菜園の面積というのは、限られているものであり、そこに他種類の野菜を植え付けることになります。 そのため、野菜農家の方の畑と比べると土が過酷に使われているので …