初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 肥料・堆肥

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

投稿日:

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。
痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、
少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。

しかし、エンドウマメや、ラッカセイ、エダマメなどといった、
マメ科に属する野菜の多くは、肥料分の少ない痩せた土地でも栽培ができます。

これは、マメ科の野菜に、窒素分を取り込む根粒菌と共生している
という特徴があるためです。

逆に、肥料分の多い良く肥えた土地でマメ科の野菜を育てると、
蔓ボケを起こしてしまうこともあるので、気をつけたいところです。

※蔓ボケとは?
茎や葉などの生長は、正常通りとなるものの、肝心のさやの部分が、
実らない現象のことです。

スポンサーリンク

また、サツマイモやトウモロコシも痩せ地での栽培が可能です。
これは、サツマイモやトウモロコシには肥料を吸い上げる力が強いという
特徴があるためです。

トウモロコシは、あまり肥料のない土地であると、草丈が伸びないことがありますが、
収穫できるほどの実を付けることができます。

酸度・窒素・リン酸・カリの含有量を測定するキットがありますので、
それをもって、土壌診断を行うのも1つの方法です。
その結果を見て、土壌改良を行えば、より的確に良い土を作り出すことができます。

野菜の肥料を吸い上げる力というのは、野菜の種類や、
土の乾燥度によっても異なりますので、土を乾燥させすぎないこと、
野菜の吸肥力も調べておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 堆肥 使い方

畑を耕すことはどんなメリットがあるのか?|家庭菜園での耕うんのポイント

耕起(耕うん)とは? 耕起というのは、畑を耕すことです。 クワなどを使って、約30センチの深さまで良く土を掘り起こして反転させます。 スポンサーリンク 土のかたまりなどができないように、上手に砕くよう …

野菜つくり

家庭菜園の土作りに適した植物性堆肥|家畜糞堆肥との違い

堆肥というと、家畜糞が含まれているイメージが強いですが、 落ち葉や藁、籾殻、バークと呼ばれる樹木の皮など、植物の繊維分だけを、 材料とする堆肥もあります。 スポンサーリンク それを植物質堆肥といいます …

no image

家庭菜園での野菜栽培と環境条件について(温度、日当たり、風通し、土壌)

野菜は、植物です。そのため、草花と同じよう、栽培環境による影響は大きく、温度や湿度、日当たりや、風通し、水はけの良さなどを注意してみる必要があります。 ■温度に関して 野菜は生長は勿論、発芽にも適温と …

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

カテゴリー

最近のコメント