初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 肥料・堆肥

家庭菜園の土の栄養管理が成功のポイント|野菜の吸肥力も調べておくと役立ちます

投稿日:

家庭菜園の成功のポイントは、なんといっても土の栄養管理です。
痩せた土では育てることができない野菜も多くありますので、
少々高価であっても、土の栄養は重要視して土・肥料を選ぶと良いでしょう。

しかし、エンドウマメや、ラッカセイ、エダマメなどといった、
マメ科に属する野菜の多くは、肥料分の少ない痩せた土地でも栽培ができます。

これは、マメ科の野菜に、窒素分を取り込む根粒菌と共生している
という特徴があるためです。

逆に、肥料分の多い良く肥えた土地でマメ科の野菜を育てると、
蔓ボケを起こしてしまうこともあるので、気をつけたいところです。

※蔓ボケとは?
茎や葉などの生長は、正常通りとなるものの、肝心のさやの部分が、
実らない現象のことです。

スポンサーリンク

また、サツマイモやトウモロコシも痩せ地での栽培が可能です。
これは、サツマイモやトウモロコシには肥料を吸い上げる力が強いという
特徴があるためです。

トウモロコシは、あまり肥料のない土地であると、草丈が伸びないことがありますが、
収穫できるほどの実を付けることができます。

酸度・窒素・リン酸・カリの含有量を測定するキットがありますので、
それをもって、土壌診断を行うのも1つの方法です。
その結果を見て、土壌改良を行えば、より的確に良い土を作り出すことができます。

野菜の肥料を吸い上げる力というのは、野菜の種類や、
土の乾燥度によっても異なりますので、土を乾燥させすぎないこと、
野菜の吸肥力も調べておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

肥料の性質|家庭菜園で肥料を上手に使う

一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに必要な成分が含まれています。 肥料の3要素と呼べれている窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)には次のような特徴があります。 窒 素(N):野菜の茎や葉をつく …

ナス苗 風よけ

家庭菜園で野菜の保温・風対策|手軽なキャップ利用がおすすめ

春のポカポカとした陽気になると、家庭菜園も忙しくなります。 しかし、この頃の天気というのは日中こそ暖かく感じるものの、 夜間は急激に冷え込むことなどもあるので、注意が必要です。 スポンサーリンク

野菜つくり

白菜の追肥・土寄せ|おいしいハクサイの育て方

白菜の追肥は最後の間引きが終わった後に1回目の追肥 結球が始まる前に2回目の追肥をします 1回目の白菜の追肥 最後の間引きが終わったら、株間または条間に 化成肥料を施し、土で覆います また除草を兼ねて …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …

カテゴリー

最近のコメント