初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

土寄せ・中耕 家庭菜園の雑草対策 家庭菜園栽培の基本

家庭菜園の中耕と夏の雑草対策|野菜の生育に対しての効果は絶大

投稿日:

夏の雑草対策は草が伸びてからでは
作業も大変になってしまいます
草が大きくなってからではタイミングが遅いのです
 

草取りの道具は鋤簾を使います
鋤簾で土の表面をひっかくようにしてけずり草かきをします
雑草は根から完全に抜かなくても大丈夫です

草かきで根が外にむき出しになれば
夏の暑い日差しにさらされてしだいに枯れていきます

スポンサーリンク

この草取り作業は中耕も一緒に行っています
中耕とはかたくなった畑の表面を柔らかくする作業です
株元だけでなく、人が歩くうねまの通路なども中耕します

中耕の効果としてはかたい土の表面をやわらかくするので
土の中に酸素が入りやすくなり、根が呼吸することによって
より健全な野菜が育てられます

また害虫のすみかにもなる雑草がなくなることで
病気や害虫の防除対策にもなります

中耕は野菜の生育に対する効果はとても大きいので
ぜひ家庭菜園でも中耕作業をしてください

スポンサーリンク

-土寄せ・中耕, 家庭菜園の雑草対策, 家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …

no image

家庭菜園での保温方法|トンネル栽培やべたがけ資材の使い方

10月中旬?下旬頃になると、寒さが一層強まり、秋冬野菜や、 小物野菜は、正常な生育が出来なくなります。 また、この時期以降は種まきの出来る野菜もなくなります。 冷たい風の当たりやすい大地などでは、風の …

no image

家庭菜園での間引き、整枝、摘葉のやり方|苗作りのポイント

苗作りとして育苗箱に種まきをしたり、畑に直に種子をまく場合は、 通常は、1箇所にまくこととなりますので、発芽する時に密生状態となります。 また、小さいうちの野菜というのは、この状態の方が、 お互いをか …

no image

雑草は家庭菜園のやっかいものという視点を変えてみよう|雑草を有効に利用する

日本の6月から8月は暑く、湿度の高い気候になりますこの季節は草が1日に2cmも伸びることもあり、家庭菜園では雑草対策で大変な時期です 雑草はやっかいものという視点を変えてみると雑草対策の考え方も変わっ …

no image

ポイント6 同じ種類の野菜を連続で栽培するのを避けて輪作を心がける |家庭菜園の病害虫防除

同じ場所で同じ種類の野菜あるいは同じ科の野菜を作り続けていると病害虫のリスクが高まります(連作障害) ⇒連作障害にならないように野菜の科を覚えよう これは畑の土の中の微生物、養分のバランスがわるくなる …

カテゴリー

最近のコメント